自己紹介

大学生の頃
友人と共に会社を設立
しかしわずか2年程度で大きな赤字と共に会社を畳む
大学生の後半は
会計士になりたいと思い
大学と専門学校両方に通いながら
アルバイトなどしながら
起業で作った借金を返済する生活

特に就職活動をしていなかったが
大学卒業と同時に不動産会社へ就職。
理由は専門学校に通うことを許可してくれたから

約1年事務(雑務)を経験後、不動産取引にて

約5000万円の粗利をただき出す。

仕事が楽しくなってしまい
このままだと会計士になれないと言う
矛盾を抱えてしまい

中堅、会計系経営コンサルティング会社へ転職

約120社の中小企業から上場企業に対して

経営のコンサルティングや会計のアドバイスを行う。

知識や考え方が身についたものの
会計士の現実に絶望したり
勉強時間が確保できず
会計士への魅力が薄れていき

26歳の時に友人と経営コンサルティング会社を設立

某IT企業の海の家を運営にて
メディアミックスプロモーションを担当。

また、某ポータルサイト運営IT企業の
インターネットCafe再生企画チームに参加

この時期に企画した異業種交流会が数回TVや雑誌などに
取り上げられる。

28歳の時に外資系損害保険会社へ
  (AIU保険会社)
5年以内に代理店独立を前提とした契約にて就職

入社当時、飛び込みやテレアポを行ったが
思うように成績が伸びず2ヶ月で

飛び込み、テレアポを一切やめる。

その後、毎月数人入社し、毎月解雇される現状の中
独自の理論により、

史上最も、最低レベルの行動量と保有顧客数にて
顧客を引き継ぎ4年での

生命保険・損害保険の代理店として早期独立を達成。
これは5年以内に一定基準を達成する必要があり
逆に達成できなければ解雇となる

この達成確率は
全国で3%程度なのだが
それを1年前倒しで達成

さらに、これと同時並行に美食家のマネジメント、
  フランス系ブランドのグルメガイドの編集や
  参議院議員のBlogマネジメントを担当するなど

副業をしながらとなると更に
低い確率になるはずである

その後、独立した代理店として
会社を経営していたが

毎日のルーティンな業務や
保険業界の将来の希望が見出せなくなり

高校生の頃から
考えていた
海外移住を実行に移すため行動し始める

香港、シンガポール、カンボジア、マレーシアなど
候補地としていたが
実際に移住したのは

インドネシア バリ島

家族6人(子供4人)での移住となった

最初は、
ある会社の現地マネージャーとして
赴任したが

自分があまりにも
現地の事情を知らず
また知識不足だったため

最初の4か月で貯金も底をつき

また職を失うことになった

更に、子供が4人いることもあり
教育費や生活費が
バリ島では意外と高額で
し続けることも難しくなる

しばらくして
自己資本100%で
インドネシアとしては
外国資本の会社を作った

会社は簡単には軌道に乗らなかったため

移住後
約1年半で家族を日本に返し
単身赴任を選択

 

現在は事業がようやく軌道にのり
投資家として活動できるようになってきた

得意分野
会計、税務、民法、商法

好きな食べ物
焼肉、寿司、かき氷










Instagram      https://www.instagram.com/toshiosaka/
Blog            https://toshiosaka.com/
FaceBook      https://www.facebook.com/toshiosakacom/
Twitter         https://twitter.com/toshiosaka


 


クリックされると モチベーションが上がります!

アジアランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村






おすすめ書籍はこちら















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
著者プロフィール
大坂寿徳(toshinori osaka)

バリ島在住6年目の海外起業家
観光やビジネシス情報
今思うことを自由に発信
海外で起業したい人の参考になれば
現在バリ島にて不動産およびコンサルティング業
を経営

日本とインドネシアの会社法と民法が詳しい
数少ない日本人


以前日本では保険代理業(事業売却済み)
外資、会計コンサルティング会社、
不動産業、学生企業(PR会社)などを経験

バリ島への移住、不動産探し、銀行口座開設
法人設立、VISAなどの相談受付中