2011
05.29

営業のセミナーに参加しました

Diary, Management

某先生のセミナーに参加してきました。

先輩から紹介をされて何度か挨拶をしたことがある方でしたが

昨日、予定をしていませんでしたが

偶然参加させて頂くことになり

すごいすごいとは聞いていましたがセミナーに参加してみると

セミナーの構成がとても勉強になりました。

メモしたことを忘れないように

書き留めておきます。

不得意な客なのに得意先って。

過去の成功体験はそのままやっても

成功しない。

時代と場所、登場人物いろいろな要素が違うから。

2人寝たら講師の責任ではない。

ただ、その人が昨日遅くまで起きていたから

4人以上寝たら講師の責任

大人の悩みには3パターンある

①人間関係のなやみ

②経済のなやみ

③健康のなやみ

一流の営業マンはお客の笑顔を食べて成長する。

あー      先入観

あはー     理解

あはーはー  過去の自分の価値観を笑える

他人とコミュニケーションをとってはじめて

自分の先入観に気づける

苦手な人とのコミュニケーションは

苦手な人に言いたいことを言う。

あなたのこういうところは尊敬しているけど

こういうところが悪い!って

腹を割る、腹を見せる。

相手によって自分のパフォーマンスが下がる

胸を借りる。胸を貸してください。

VS関係ではなく寄り添う。

チャンスをくださいという。

あなたが私のチャンスなんですって

宿題をください。また会える。

認知

相手の偉い人も認めてもらいたい。

部下に参ったという。

どうやったらうまくいくか素直に聞く。

(部下が自分より優れているなら・・・)

ブランディング

語源はバーン(焼き付ける)牛の焼印で

自分のものを証明する

スコッチウイスキーのコルクへの焼印(商標)

見ただけですぐにこれだとわかるのがブランド

営業は自分の目の前の人を笑顔にすること

ブランドは顧客の約束

ブランディングとは

お客様と何を約束するのか

どっかの会社は子供だましで

お客様の腹を満たしているが

俺達が目指しているのは

お客様の心を満たす会社だ

マックカフェはスタバの近くにあることが多い。

ブランディングは一言でいうと差別化。違いは何か?

マーケティングとは顧客価値以外、価値とは言わない。

ブランドは自分が約束した価値

マーケティングは顧客のいいところを聞きまくる。

成功したいならシュートを打つこと

人間には2種類の人間しかいない。

失敗を学習に変える人と

同じ失敗を繰り返す人

失敗することはいいことだと頭に叩き込む。

営業が苦手な人ほど

シュートを打つ回数が少ない。

シュートを打っていると言えるレベルではない。

量が質を生む。

営業とは新規開発

人にとってチャンスは1つしかない。

成功する人はチャンスを作れる。

でもチャンスがなんだか知らないから

チャンスは作れない。

チャンスとは「出会い」である。

みんな「出会い」をチャンスだと思ってないから

出会いを大切にしない。

コンサルの入り方

人間は健全な客体があってはじめて主体がある。

分析してあげる。客観視することがコンサル

うまく行きたいと思うときにコンサルに頼る。

コンサルはピカピカの会社とする。

とにかくシュートを打って楽しむ

失敗できない男はつまらない。

成果が出ない時はどうする。

目標を決めて必ずやりきる。

GOALセッティング

「やり仕舞」できるサイズに設定する

結果GOALも必要だけど

プロセスGOALも必要

いつまでにどこに行くか?

「いつかハワイに行こう」は

ハワイにすら行けない。

今日はここが勝負だ!という所に

パフォーマンスを持っていく

そしてやり切って、おもいっきり休む

Valueチェーン=価値の連鎖

①お客②取引先③社員④役員⑤株主

最後に経営者

お客様の利益が会社の利益

お客を選ぶ

プロはほめてもらおうとしない。

電車が時間どおりについて褒めるか?

心を開いてもらうには

自分が心を開く

信頼を得たい時は

約束を守ること

(これをできる人は統計上あまりいないから信頼される)

比較的守ることができるのは時間

時間だけは必ず守った方がいい。

言うこととやることは一致した方がいい

理論より実践。

能書きたれている間に時代が変わってしまう。

思いやり×行動力

戦略的営業

戦略能力×遂行能力=成果

遂行能力の限界で計画を立てる。

やりたい仕事 What to

できる仕事 Can do

やらなければいけない仕事 Have to

できる仕事を戦略上無視しない

仕事は挑戦と思える人は若い

仕事はこなすことと思う人は老人

トラブル処理

クレームはリクエストだと思う。

リクエストには答えよう。

認知。お客様は思いを伝えたい

顔を合せてよく話を聞くこと

クレームは、すぐに行く

クレームではなくリクエストだから逃げない

未来を語る。

イメージできるところを伝える

仕事をする上で必要なのは

夢と勇気と サムフレンド










Instagram      https://www.instagram.com/toshiosaka/
Blog            https://toshiosaka.com/
FaceBook      https://www.facebook.com/toshiosakacom/
Twitter         https://twitter.com/toshiosaka


 


クリックされると モチベーションが上がります!

アジアランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村






おすすめ書籍はこちら















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
著者プロフィール
大坂寿徳(toshinori osaka)

バリ島在住6年目の海外起業家
観光やビジネシス情報
今思うことを自由に発信
海外で起業したい人の参考になれば
現在バリ島にて不動産およびコンサルティング業
を経営

日本とインドネシアの会社法と民法が詳しい
数少ない日本人


以前日本では保険代理業(事業売却済み)
外資、会計コンサルティング会社、
不動産業、学生企業(PR会社)などを経験

バリ島への移住、不動産探し、銀行口座開設
法人設立、VISAなどの相談受付中
コメントは利用できません