2019
03.29

免許更新に行ってきた

bali, Diary

自動車の免許更新に行ってきた

 

数日前に警察に車を止められて
特に何もなかったのだが
免許の有効期限がもう少しだと
指摘されて

いつものエージェントさんにお願いして
更新の手続きをした

 

こちらが入口

って思って行ったのだが
入口が別のところに変更になっていた

エージェントさんと待ち合わせを
していたので

慌てて反対口に周り入場した

 

 

 

本来は自分で事前に
書類を用意して
健康診断書も病院で数日前に作ってもらい
約2〜3時間ほど待って
取得できるらしい

しかし、エージェントに頼んでいたので
上記のいきなり記載事項の確認(面談)からスタートする
その際、エージェントさんのスタッフがサポートしてくれる

次に

カードに記載する顔と指紋を撮影

こんな感じのところです

事前にエージェントさんが頼んでおいたので

スムーズに進行

 

最後にこちらの窓口で免許証を受け取って終了

 

合計すると正味10分程度

 

これが独自で行くと2〜3時間程
そして、言葉がうまく話せなかったら
飛躍的に時間は伸びる
書類が足りなかったら
それを準備するために
何度も足を運ぶことに

 

私の場合はエージェントがほとんどやってくれていたので
早くスムーズに終わった

日本でも研修ビデオをみたり
手続きなどして
半日潰れるイメージだったと思う
こちらも多少あるのかもしれないが
少しのお金を支払ってこんなに
早く終わることは
日本でもやった方がいいと思う

まぁ日本では無理か

 










Instagram      https://www.instagram.com/toshiosaka/
Blog            https://toshiosaka.com/
FaceBook      https://www.facebook.com/toshiosakacom/
Twitter         https://twitter.com/toshiosaka


 


クリックされると モチベーションが上がります!

アジアランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村






おすすめ書籍はこちら















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
著者プロフィール
大坂寿徳(toshinori osaka)

バリ島在住6年目の海外起業家
観光やビジネシス情報
今思うことを自由に発信
海外で起業したい人の参考になれば
現在バリ島にて不動産およびコンサルティング業
を経営

日本とインドネシアの会社法と民法が詳しい
数少ない日本人


以前日本では保険代理業(事業売却済み)
外資、会計コンサルティング会社、
不動産業、学生企業(PR会社)などを経験

バリ島への移住、不動産探し、銀行口座開設
法人設立、VISAなどの相談受付中
コメントは利用できません