2019
04.14

留学時の海外旅行保険どうする

bali, Diary, education, Management, Medical care

留学時の海外旅行保険
留学保険

どうすれば良いのか?

 

保険代理店を経営していた
自分としては
得意分野で
今まで数えきれないほどの方に
加入してもらった

しかも
誤解の多いし
そして、保険屋さんでも
ほとんど実際に使ったことがある人いない

この謎めいた保険

こちらを解説して行きたい

 

1.高額な死亡補償は無意味だ

死亡補償はある程度の金額は必要ではある
この金額に連動して治療費用や救援費用などが
設定されるからだ

クレジットカードなどで
死亡補償が高額なのに
一番利用される治療費用が
ゴールドカードでも200万円程度なのが
現実だ

海外は医療費が高いので200万円
では病気によっては

1週間持つかどうか場合もある

2.治療費用はいくらがいいか?

治療費用と救援費用が
一緒になっているケースも多い

この場合は基本は無制限をおすすめする

前述した通り
クレジットカードの場合は
200万円程度が限度の場合も多く
1週間持つかどうか場合もある

なので
海外で高額な請求をされるんじゃないかと
ドキドキしてしまい
安心して治療を受けることができない

入院した場合
特にアジア地域では
大部屋の場合
ちょっと抵抗があるような
病室を紹介されてしまうケースがほとんど
突然、みんなで合唱が始まったり
お香の匂いがしたりと大変

保険があれば安心して
個室にい続けることもできる

また
救援費用としても使われることも多いので
特にサーフィンなどされる場合は
救援費用に着目しなければならない

最悪のケースは
費用がなくて捜索してもらえないか
規模を小さく捜索することになってしまう

保険があったら
捜索する方も安心して活動することができる

 

3.クレジットカード付帯の保険は

まず大前提として
利用条件を確認する必要がある

単純に旅行に行くと使えるケースもあれば
旅行代金を決済しないと使えなかったり
クレジット会社手配の旅行に限られたりと
条件は様々

前述もしたが
治療救援費用が少なすぎる点

また、
出発から90日間までしか
適用されないので

留学には向いていない

学校によっては
補償内容を指定する学校もあるので
クレジットカード会社の
海外旅行保険は補償内容を変更できないので
短期の留学の場合も
そもそも使えない可能性がある

 

多くの海外の病院は
クレジットカード会社の海外旅行保険が
好きではない

理由は
その人の利用限度額に
左右されるからだ
いくら200万円までとなっていても
その人のカードに利用限度額が100万円だと
100万円までになってしまうからだ

しかも、
100万円、利用限度額の人が
既に70万円、利用していたら
補償額200万円でも
病院で使えるのは30万円までだ

なので
病院としても安心して利用できないから
あまり好まれない

治療費用アンリミテッド(無制限が好まれる)

 

4.まとめ

主にクレジットカード付帯の海外旅行保険と比べたが
基本的には治療・救援費用が無制限をおすすめしたい

死亡保険は3000万円以上
治療救援費用は無制限
は必要だ

なぜなら
重度の後遺症や死亡の場合など
搬送費用が2000万円程度
かかる可能性があるからだ

例えばバリ島の場合
重症の場合は
一度、シンガポールに運ばれるケースが多い
その場合の搬送費用も2000万円程度必要

しかし、そこから今度は
日本に搬送ということもあるので
3000万円程度でギリギリである
できれば最低5000万円程度必要だと思う

つまり搬送費用は
医師の同行などもあるので高額になりがちである

この搬送費用はその症状によって
死亡補償からなのか
治療費用からなのか

別れてしまう

 

留学時の海外旅行保険どうする?

誰でも
自分は大丈夫と思ってしまうが
一度、改めて補償内容を確認する必要がある

 










Instagram      https://www.instagram.com/toshiosaka/
Blog            https://toshiosaka.com/
FaceBook      https://www.facebook.com/toshiosakacom/
Twitter         https://twitter.com/toshiosaka


 


クリックされると モチベーションが上がります!

アジアランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村






おすすめ書籍はこちら















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
著者プロフィール
大坂寿徳(toshinori osaka)

バリ島在住6年目の海外起業家
観光やビジネシス情報
今思うことを自由に発信
海外で起業したい人の参考になれば
現在バリ島にて不動産およびコンサルティング業
を経営

日本とインドネシアの会社法と民法が詳しい
数少ない日本人


以前日本では保険代理業(事業売却済み)
外資、会計コンサルティング会社、
不動産業、学生企業(PR会社)などを経験

バリ島への移住、不動産探し、銀行口座開設
法人設立、VISAなどの相談受付中
コメントは利用できません