2019
06.15

タッチパネルでオーダー バリ島のマクドナルド

bali, Diary, Management

噂のタッチパネルで
オーダーする
マクドナルドに行ってみた

 

日本にはあると思うが
バリ島でこれを見かけたのは初めて
香港やシンガポールでも
このタイプの
マクドナルドを見かけたような気がする

 

とわいえ
まだ使ったことがないので
使ってみた

 

1.オーダーしてみる

実際のタッチパネルはこちら

カード決済
デビットカード決済
現金決済を選べる

導入したばかりのため
隣にスタッフが立って
案内してくれる

①言語
英語かインドネシア語を
選べるので選択

②どこで食べるか?

店内か
お持ち帰りか

③支払い

カード払いか
現金払いか

④ジャンルを選ぶ

セットメニューか
デザート単品か
アラカルトか?

そのあと
牛肉系か
チキン系か

など

⑤その他

サイズアップするか?
オススメメニューなどが
催促されて

最後にレシートを持って
カウンターへ

 

2.支払い

カード払いだと
タッチパネルでOKだったと思うが
現金払いの場合
サイドカウンターにて
支払いをする

 

 

3.まとめ

今回タッチパネルを
導入したばかりの店舗だったせいか
気持ちいつもより
人が少なかったように思えた

そして

現金払いの場合
オーダーした後
再度、支払いのために並ぶので

二度手間のように思えたが
もう少し浸透してくると
早く終わるのかなと感じた

 

まだまだ課題は
多いと思われるが

多くの人が慣れたら
人件費の削減に繋がるのか?
人件費が高い日本などの先進国は
とにかく
人件費が安いインドネシアでは
どう何だろうと思ってしまう

人件費というより
目新しさやブランドイメージ的な
戦略だと思う

 










Instagram      https://www.instagram.com/toshiosaka/
Blog            https://toshiosaka.com/
FaceBook      https://www.facebook.com/toshiosakacom/
Twitter         https://twitter.com/toshiosaka


 


クリックされると モチベーションが上がります!

アジアランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村






おすすめ書籍はこちら















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
著者プロフィール
大坂寿徳(toshinori osaka)

バリ島在住6年目の海外起業家
観光やビジネシス情報
今思うことを自由に発信
海外で起業したい人の参考になれば
現在バリ島にて不動産およびコンサルティング業
を経営

日本とインドネシアの会社法と民法が詳しい
数少ない日本人


以前日本では保険代理業(事業売却済み)
外資、会計コンサルティング会社、
不動産業、学生企業(PR会社)などを経験

バリ島への移住、不動産探し、銀行口座開設
法人設立、VISAなどの相談受付中
コメントは利用できません