2008
01.06

行きつけの薬局ってある?

Medical care

そういえば

処方箋って

どこで薬を出してもらう?

私はいつも

自宅近くの薬局に。

というのも

前回のようにN大の近くや

有名な病院の近くの薬局を

よく病院に紹介されて

そのまま行ってしまうが

必ず混んでいて

かなり待たされることが多い。

大体薬は家に帰ってから飲むことが

多いはず。

そう考えると

自宅近く(住宅街)の

処方箋も対応してくれる

薬局の方が

早くて、

いつもいっているから

融通もきくし

使い勝手がいい。

ここで注意点。

あまりに古い店構えの薬局に行かない。

これがポイントである。

というのも

老舗の店でも良いのだが

数年前に薬を渡す際に

薬の種類やその内容を

明示した用紙を渡さなければいけない

と法律が変わったようなのだが

これに対応しきれていない

薬局が未だにある。

たとえば

手書きで薬の名前と内容を

1行くらいで書いている薬局がある。

それでも法的には問題ないのかもしれないが

どうかな?と疑問も残る。

ちょっときれいな薬局では

顧客管理もしてくれ

プリンタでカラー印刷された書類で

実際の薬の写真。

名前。内容。など

結構きれいに表示されている。

最低限これくらいしてくれるところであれば

近所の薬局でも心配はない。

いつも利用していると

近所だからだといって

自宅まで持ってきてくれる薬局まである。

今はすごいね。

薬局に対してあまり

気にしたことがない人が

ほとんどだと思うけど

行きつけの薬局を開拓してみるのも

便利だよ。










Instagram      https://www.instagram.com/toshiosaka/
Blog            https://toshiosaka.com/
FaceBook      https://www.facebook.com/toshiosakacom/
Twitter         https://twitter.com/toshiosaka


 


クリックされると モチベーションが上がります!

アジアランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村






おすすめ書籍はこちら















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
著者プロフィール
大坂寿徳(toshinori osaka)

バリ島在住6年目の海外起業家
観光やビジネシス情報
今思うことを自由に発信
海外で起業したい人の参考になれば
現在バリ島にて不動産およびコンサルティング業
を経営

日本とインドネシアの会社法と民法が詳しい
数少ない日本人


以前日本では保険代理業(事業売却済み)
外資、会計コンサルティング会社、
不動産業、学生企業(PR会社)などを経験

バリ島への移住、不動産探し、銀行口座開設
法人設立、VISAなどの相談受付中
コメントは利用できません