2008
01.05

MRIをやってきた2

Medical care

前回の続き。

N大に紹介された一駅隣の

MRIを専門にやっている近くのクリニックは

なぜか某ホテルの地下にあった。

30分くらい待って

着替えるように促される。

検査には

特に金属ダメで

時計やアクセサリーはもちろん

体に骨折など際に

ボルトなどが入っていないかを聞かれた。

なぜか

刺青やタトゥーを入れていないかも

聞かれた。

(なにかMRIに影響するのかな?)

その後、問診を行い。

いざMRIへ

入室したら

「検査は20分近くかかりますので」

っていわれた。

まぁ寝ていようかな~

と思っていたら

「検査中は騒音がすごいので

このヘッドホンをしてください」

って

は?

と思っていると

ヘッドホンから

小鳥がさえずる声が

ピヨピヨって聞こえてきたと思ったら

突然

MRIの方から

ガーーーーーーーーーーーーー

ゴーーーーーーーーーーーーーーー

ビービービービービービービービービー

とか

すごい騒音が鳴り始め

眠ることはできなかった。

そんなのが20分間

続いた。

診断結果は後日とのこと。

ここのクリニックでかかった代金は

MRI代含めて

7,360円

これは健康保険が

適用された金額であった。

飛び込みでMRIだけを申し込むと

健康診断扱い

つまり健康保険適用外になり

31,500円~の

コースになっていた。

結局この日のかかった金額は

N大で処方された薬代を含め

12,650円だった。

内訳

N大での診察          4,160円

MRIをしてくれたクリニック 7,360円

近所の薬局          1,130円

合計               12,650円

これ以外にも別途交通費がかかった。










Instagram      https://www.instagram.com/toshiosaka/
Blog            https://toshiosaka.com/
FaceBook      https://www.facebook.com/toshiosakacom/
Twitter         https://twitter.com/toshiosaka


 


クリックされると モチベーションが上がります!

アジアランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村






おすすめ書籍はこちら















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
著者プロフィール
大坂寿徳(toshinori osaka)

バリ島在住6年目の海外起業家
観光やビジネシス情報
今思うことを自由に発信
海外で起業したい人の参考になれば
現在バリ島にて不動産およびコンサルティング業
を経営

日本とインドネシアの会社法と民法が詳しい
数少ない日本人


以前日本では保険代理業(事業売却済み)
外資、会計コンサルティング会社、
不動産業、学生企業(PR会社)などを経験

バリ島への移住、不動産探し、銀行口座開設
法人設立、VISAなどの相談受付中
コメントは利用できません