2018
06.02

バリ島で信じられている カルマとは

bali, Diary

カルマそれは

神々の島
バリ島の文化を本当の意味を知る上で

根深く人々の心に残っている考え方の1つ

例えば、人に悪いことをすると
いずれは自分に返ってくる。

また、人に良いことをすると
いずれ自分に返ってくる。


だから、人に悪いことをされても

いずれその人に悪いことが起きるから

恨んだり根に持ったりする必要なく

自分が人に良いことをし続けていると

神様はいつも見ているので

いつか巡り巡って自分に幸福がやってくる。

これに似ている話として

チップはいくらくらい渡したら
良いですか?
など聞かれるが

感覚的には10%くらいなのかなって思っている

レストランなどでは
サービス料チャージされているお店では
渡す必要はないのかなとも思いますが


特別にサービスしてもらえたと感じたり


気持ちよくサービスをしてもらいたいと
思ったら
先にチップを渡しても良いと思う。

私は先にチップを渡す方が

相手も人間なので気持ちよくサービスができると思うし


また、受け取った方も特別なお客様として対応してくれるだろう。

次に訪れた時の対応も違う。

ましては
バリ島でビジネスをしようと思うと
お互い様なのである。

自分が払う方ばかりではなく
受け取る側になるのである

全ては循環なのである
そう、それがカルマの考え方。

だから、通常ではない
イレギュラーのことをお願いした時は

必ずチップは払うようにしよう。

日本のことわざでも似たような言葉がある

情けは人の為ならず










Instagram      https://www.instagram.com/toshiosaka/
Blog            https://toshiosaka.com/
FaceBook      https://www.facebook.com/toshiosakacom/
Twitter         https://twitter.com/toshiosaka


 


クリックされると モチベーションが上がります!

アジアランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村






おすすめ書籍はこちら















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
著者プロフィール
大坂寿徳(toshinori osaka)

バリ島在住6年目の海外起業家
観光やビジネシス情報
今思うことを自由に発信
海外で起業したい人の参考になれば
現在バリ島にて不動産およびコンサルティング業
を経営

日本とインドネシアの会社法と民法が詳しい
数少ない日本人


以前日本では保険代理業(事業売却済み)
外資、会計コンサルティング会社、
不動産業、学生企業(PR会社)などを経験

バリ島への移住、不動産探し、銀行口座開設
法人設立、VISAなどの相談受付中
コメントは利用できません