2018
11.24

恐怖のロシアンウィング攻めました

Diary

シンガポールの
とあるレストランで事件は起こった!

CLARKE QUAY(クラークキー)
エリアをぶらぶらして
1件のお店に入る

店内から外をみたら
こんな感じ

IMG_9532

店内に入り
メニューをみていると

ロシアンウィング
というものが目に入ってくる。

IMG_9533

チキンウィング6羽のうち
5羽がノーマル
1羽がベリースパイシー
と説明が書いていた

これは
いわゆる日本でも時々見かける
ロシアンたこ焼き的な
メニューの一種だな
って思い
オーダーすることに

他にも
ビーフリブ、オニオンリング、サラダを頼み

IMG_9538
IMG_9535
IMG_9539

いざ実食!!

最初はぐー!じゃんけんぽん!

ってノリでもなく

Nさんが普通に食べ始める

「辛い!!!!」

あーーーかわいそー
って思いながら
次に私が安心して食べる

「あーーーーーーーー
 辛いいいいいいいいい
 死ぬぬぬぬぬぬぬぬぬっ
 !!!!!!!!!!!」

それをみて
安心して
Oさん
「辛いいいいいいいい」

3人とも死亡

ここのお店のこれは
全部辛いのか?

なんどもメニューを確かめるが
1羽だけ辛いって表示(涙)

お店の嫌がらせか?
もしくは
スタンダードの辛さが
そもそも高いのか?

いい思い出になりました(涙)










Instagram      https://www.instagram.com/toshiosaka/
Blog            https://toshiosaka.com/
FaceBook      https://www.facebook.com/toshiosakacom/
Twitter         https://twitter.com/toshiosaka


 


クリックされると モチベーションが上がります!

アジアランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村






おすすめ書籍はこちら















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
著者プロフィール
大坂寿徳(toshinori osaka)

バリ島在住6年目の海外起業家
観光やビジネシス情報
今思うことを自由に発信
海外で起業したい人の参考になれば
現在バリ島にて不動産およびコンサルティング業
を経営

日本とインドネシアの会社法と民法が詳しい
数少ない日本人


以前日本では保険代理業(事業売却済み)
外資、会計コンサルティング会社、
不動産業、学生企業(PR会社)などを経験

バリ島への移住、不動産探し、銀行口座開設
法人設立、VISAなどの相談受付中
コメントは利用できません