2019
11.15

スタッフに何をさせる?

bali, Management, shopstory

 

そう何を隠そう
私は高校時代、
アパレルでバイトをしていた
どれくらいやっていたか
もうあまり覚えていないが

土日だけ

1年くらいはやったかな

その頃の時給は510円

バブル全盛期に
510円で!!!

そのお店は
ジーンズショップを名乗り

新作のリーバイスが出ると
スタッフがすぐに購入するから
そのサイズは必ず品切れになっていった

そんなことを
なぜ思い出したかというと

今働いてもらっている
19から21歳女の子たちは
何を思って働いているか?

って考えてみた


自分が高校生の頃
何を思って
バイトをしていたかと
思うと

もちろん
会社に貢献するなんて
全く思ってなかった気がする

何なら
新発売の服が手に入る喜び
アパレルで働いているという喜び
それだけで

お洒落キッズ気分だったのかもしれない

何ならお金なんて関係なかったのかもしれない

私は当時
バイトの上司に
お客様がきたら
「いらっしゃいませ」って
大声出すように指導された

誰かがお客様の来店に気づくと

店内に
「いらっしゃいませ」が

こだまする

次にお客様に話しかける

フレンドリーに

話しかけそびれた客が
フィッティングルームに入ったら
ノックして


「どうですか?」

と話しかける

そして
お客様の要望に合わせた

物を持ってくる

これが接客として習ったこと

下っ端の私はレジなどは
任せてもらえず

あとは


服を畳む作業

掃除なんかはしてなかったが
業者がやっていたのかな?

店内にミシンがあり
裾上げを練習したりもしたが
ジーンズの裾上げが難しくて

全然うまくできなかった

お客様の裾上げは2回くらいしか
やってないが
完成度に満足できることはなかった
気がする

冷静に考えると
バイト中
昼飯を食べた記憶がない

食べていたと思うが
コンビニとかにしていたのかな?


当時ハマっていた
カロリーメイトをしか
食べていなかったのかな?

(あー食べたくなってきた)

それにしても
仕事中に椅子に座ることもなかった

疲れなかったのかな?

若いって素晴らしいね

まぁ店内に
店員が座るような椅子はなかった

昔のことを懐かしく思うと

今働いてくれている
彼女たちは

会社に貢献しよう

店舗の売上をあげようなんて
これっぽちも
思ってないかもしれない

それを前提にすると

どう教育すれば良いのだろう?

私がアパレルで働いていた頃と


時代が違う

国も違う

そして常識も違う

そのことを

200%理解した上で

どう売上が上げる努力をすれば良いのだろう?

お店に行くと
彼女たちは
椅子に座っている



納品があるタイミング
お客様がいるタイミング

それ以外は
何をしていいのか
わからないだけ何だと思いたい

話すと元気はいいんだけどね

スタッフに何をさせる?

そうだ
マニュアルを作ろう










Instagram      https://www.instagram.com/toshiosaka/
Blog            https://toshiosaka.com/
FaceBook      https://www.facebook.com/toshiosakacom/
Twitter         https://twitter.com/toshiosaka


 


クリックされると モチベーションが上がります!

アジアランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村






おすすめ書籍はこちら















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
著者プロフィール
大坂寿徳(toshinori osaka)

バリ島在住6年目の海外起業家
観光やビジネシス情報
今思うことを自由に発信
海外で起業したい人の参考になれば
現在バリ島にて不動産およびコンサルティング業
を経営

日本とインドネシアの会社法と民法が詳しい
数少ない日本人


以前日本では保険代理業(事業売却済み)
外資、会計コンサルティング会社、
不動産業、学生企業(PR会社)などを経験

バリ島への移住、不動産探し、銀行口座開設
法人設立、VISAなどの相談受付中
コメントは利用できません