2017
02.01

トランプ大統領がバリ島にホテル投資?

bali

第45代アメリカ大統領、トランプ氏は、
バリ島のホテル事業に10億USDを投資すると言っている。

以前より、トランプ氏はバリ島に広大な土地を持っているという
噂があったがニュースとして流れたのは今回が初めてかも

場所はタバナン県タナロット地区のホテルとヌサドゥア・タンジュンブノア、さらにバリ島ある別のホテルと3箇所になる予定。

新規とホテル建設というよりホテルを買収し、
リニューアルするのだろうという話。

 

そもそも10億USDというと本日のレートで1140億円ほど、
いくらバリ島のホテル3件の投資と言っても金額が大きすぎる気がする。
しかもホテル投資はビジネスだから
アメリカ政府としては投資するはずもなく
トランプ氏のビジネスとしてとなると大統領はビジネスはできないのでは?
という疑問も残るが。。。

親族に任せるとことになっている不動産事業は
実質的にはトランプ氏さらにはアメリカ政府の影を感じる事業に
なっていくのだろうと考えざるを得ない。

なんか日本の田中角栄さんの時代のような
豪快な政治スタイルに感じるが
民間としては何か期待できることがあるのであろうか?

アメリカの低所得層の白人系が支援基盤とも言われており
私はアメリカ国民ではないのでトランプ氏支持者でも反支持者でもないのだが
これからの動向を期待したい。

 










Instagram      https://www.instagram.com/toshiosaka/
Blog            https://toshiosaka.com/
FaceBook      https://www.facebook.com/toshiosakacom/
Twitter         https://twitter.com/toshiosaka


 


クリックされると モチベーションが上がります!

アジアランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村






おすすめ書籍はこちら















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
著者プロフィール
大坂寿徳(toshinori osaka)

バリ島在住6年目の海外起業家
観光やビジネシス情報
今思うことを自由に発信
海外で起業したい人の参考になれば
現在バリ島にて不動産およびコンサルティング業
を経営

日本とインドネシアの会社法と民法が詳しい
数少ない日本人


以前日本では保険代理業(事業売却済み)
外資、会計コンサルティング会社、
不動産業、学生企業(PR会社)などを経験

バリ島への移住、不動産探し、銀行口座開設
法人設立、VISAなどの相談受付中
コメントは利用できません