2019
05.06

お金さえ払えばできることが多い

bali, Diary, Management

お金さえ払えばできることが多い

バリ島では

お金さえ払えばできることが
日本よりかなり多い

(決して違法ではない)

 

 

1.警察の先導

有名なのは

警察に先導させて
目的地まで行く方法

バリ島を紹介するテレビでも
時々みかける光景

権力があればできるように

日本のTVでは
伝えられているが

これは、
警察署で手続きをとることによって
可能である

バリ島に住んでいるとわかるが
観光バスや
地元のハーレーチーム、フェラーリチーム
などが利用している

また、地元の催事(お祭り)などでも
利用されている

 

 

2.役所での手続き

役所での手続きもそう

バリ島では日本のように
各種届出書類を提出し手続きする際に
目安とされる日程はあるが

必ずしも、
その日程通りに手続きされるとは
限らない

そもそも日本でも
役所の手続きというのも遅れがちではあるが

日本の倍以上、人口が多いインドネシアで

しかも、日本よりインフラが整備されていない
状況を考えると
遅れて当然でもある

そこで
お金を払うことで優先的にやってもらえる
仕組みがある

通称、エクスプレス

このエクスプレスをすることで
早くすることができるが

必ず、こちらのリクエスト通りに
早くなるとは限らない

そういう時に限って
利用者が多いタイミングだったりする

しかし、やらないよりは
早くなるし、ウェイティングリストの
上位になることは確実である

 

 

3.運転免許

インドネシアの運転免許の
取得や更新は通常

健康診断書の提出など

日本と違うことも
たくさんあり
提出書類もそれなりにある

待ち時間も3時間程度かかることも
当たり前である

日本でも取得や更新は時間がかかる

そこで、エージェントにお願いして
事前に書類を作っておいてもらい

当日、免許センターに行くと
並ばずスムーズに手続きすることができる
場合によっては
滞在時間10分ほどで
免許が出来上がる

 

4.駐車場

駐車場なんかも
入口近くの場所は
料金が高く

遠い場所が安かったりする

しかも、エクストラ料金が
100円程度だったりすると

すごいお得感がある

渋滞が多いバリ島では
車の数も多いので
これは助かる

 

5.まとめ

このように、貧富の格差があるからなのか
追加料金を支払うことによって
できることが増えたり
実際より早く手続きできることが多し
サービスも充実している

しかし、日本の役所は
一律同じ対応をしている

役所に限らず
一般の会社でも多い

日本では今
インバウンドって
言葉をよく耳にするが
インドネシアだけでなく
海外のこうした
エクストラ(VIP向け)のサービスを
充実するさせる必要があると思う

海外から日本に来ている
観光客の方は
こうしたサービスを
日常的に利用している人が多いとはずだから

 

 

 

 

クリックされると
モチベーションが上がります!


アジアランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村










Instagram      https://www.instagram.com/toshiosaka/
Blog            https://toshiosaka.com/
FaceBook      https://www.facebook.com/toshiosakacom/
Twitter         https://twitter.com/toshiosaka


 


クリックされると モチベーションが上がります!

アジアランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村






おすすめ書籍はこちら















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
著者プロフィール
大坂寿徳(toshinori osaka)

バリ島在住6年目の海外起業家
観光やビジネシス情報
今思うことを自由に発信
海外で起業したい人の参考になれば
現在バリ島にて不動産およびコンサルティング業
を経営

日本とインドネシアの会社法と民法が詳しい
数少ない日本人


以前日本では保険代理業(事業売却済み)
外資、会計コンサルティング会社、
不動産業、学生企業(PR会社)などを経験

バリ島への移住、不動産探し、銀行口座開設
法人設立、VISAなどの相談受付中
コメントは利用できません