2019
05.07

ラマダン 始めました

bali, Diary, Medical care

冷やし中華始めました
並みのふわっとした決意で
ラマダン始めました

目的はもちろん
ダイエット

80kgを切ることが
どうしても難しくなって
最後の手段として

本当の意味での最終兵器

バリ島に住んでいたら
いつかは経験してみたい

いや、やることになるだろう

って思っていたが
マジな危機感を持って始めることに

とわいえ、
イスラム教徒では全くないので
ルールを厳格にやらなくても

誰に怒られる訳でもなく
だがユルくやり過ぎると
やる意味がないので
少しだけユルく
無理のない範囲でやろうと思います

 

そんなことを発言している理由は
本当に厳しいルールが存在するからである

 

1.ラマダンとは

説明しよう
ラマダンとは「RAMADHAN」と表記する

イスラム教徒は食事はもちろん飲み物も飲まず
主神であるアッラーへ感謝を約1か月間続ける

ラマダンは、イスラム教の信仰者が
世界中どこに住んでいても行う
信者にとって神聖な行事である

 

2.ラマダンの期間と時間

ラマダン期間は
毎年暦の関係で少しづつズレるが

2019年の今年は
5月5日の18:20から
6月4日の18:20まで

とされている

 

3.ラマダンのルール

3-1.食事ルール

ここからが一番重要である

基本的には1か月間の
断食と知られていると思う

水も飲んではいけないどころが
水を口に含んでもいけない

そんなことやっていたら死んでしまう!
なんて思っていると

なんと
夜18:20から
朝04:55までは
通常通り食事をしていいとのこと

これは知らなかった

ちなみに
この時間帯や行為を
ブカプアサ「BUKA PUASA」と言い
それ以外の昼間の時間帯を
プアサ「PUASA」と言う

しかも
04:30から04:55までの間は
サフゥール「SAHUR」と言われる時間があり
むしろ食事をすることを
推奨されているようでもある 

まぁそうでもしないと死んでしまうよ
なんて思うが

日中の飲み物なしルールは
本当に厳しいと思う

 

3-2.その他のルール

ラマダンには
実は食事以外にもルールがある

基本的には
夜の時間18:20から04:55までは
普通の生活をしても良いのだが

それ以外の
昼の時間は

喫煙、性行為、噂話などが禁止されているほか

逆に
人にいつもより親切にすることが
推奨されており
食事をご馳走してあげたり
プレゼントを送ることが多くなるとのこと

 

4.まとめ

食事制限以外にも
ルールがあることが意外であったが

夜は通常通り大丈夫と言うことも
意外であった

そしてイスラム教徒の間でも
どこまで厳格にルールを
守るかってことが
人それぞれであることもわかった

話を聞いていると
家族と一緒に暮らしている人は厳しく、

一人暮らしをしていたり
若い人は比較的
ルールをユルく捉えていたり

人それぞれだということもわかった

 

そして、ユルくラマダンを
しようとしている
私に
「それはラマダンではなく
 単なるダイエットだ」
と指摘されたが

イスラム教徒ではないので
正確にはラマダンを始めるというより

ラマダンに乗かった
「ダイエット」
であることは間違いない

 

さてこの「エセダイエット」で
どこまで痩せるかな?

 

クリックされると
モチベーションが上がります!


アジアランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村










Instagram      https://www.instagram.com/toshiosaka/
Blog            https://toshiosaka.com/
FaceBook      https://www.facebook.com/toshiosakacom/
Twitter         https://twitter.com/toshiosaka


 


クリックされると モチベーションが上がります!

アジアランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村






おすすめ書籍はこちら















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
著者プロフィール
大坂寿徳(toshinori osaka)

バリ島在住6年目の海外起業家
観光やビジネシス情報
今思うことを自由に発信
海外で起業したい人の参考になれば
現在バリ島にて不動産およびコンサルティング業
を経営

日本とインドネシアの会社法と民法が詳しい
数少ない日本人


以前日本では保険代理業(事業売却済み)
外資、会計コンサルティング会社、
不動産業、学生企業(PR会社)などを経験

バリ島への移住、不動産探し、銀行口座開設
法人設立、VISAなどの相談受付中
コメントは利用できません