2007
12.21

製造者の責任

Diary, Management

某ホテルのランチバイキングで撮影。

 

 

 

「サンドイッチはラップをはずしてから・・・」って

間違うやついないだろ!って

 

日本の企業でここまで

PLを気にしている所は珍しいと思う。

 

逆にいうと

今までこのことに対して

すごいクレームを受けた経験があるということも

示している。

(よく飛び込みの営業で苦い経験した家は

玄関に「営業お断り」というシールを貼るよね)

 

会社が大きくなるにつれて

こういったクレームが多くなる。

 

電気メーカーなどは

通常ありえないようなことも

想定して注意書きに書いていないと

裁判で負けるということが

当たり前になっている。

 

実際、判例もいくつもある

(例えば電子レンジに猫をいれてしまうとか}

 

こういった細かいところにも

経営者は意識をしていかないと思う。

 

それにしても

ここのホテルは

この件で相当ひどい経験をしたんだろうな~










Instagram      https://www.instagram.com/toshiosaka/
Blog            https://toshiosaka.com/
FaceBook      https://www.facebook.com/toshiosakacom/
Twitter         https://twitter.com/toshiosaka


 


クリックされると モチベーションが上がります!

アジアランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村






おすすめ書籍はこちら















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
著者プロフィール
大坂寿徳(toshinori osaka)

バリ島在住6年目の海外起業家
観光やビジネシス情報
今思うことを自由に発信
海外で起業したい人の参考になれば
現在バリ島にて不動産およびコンサルティング業
を経営

日本とインドネシアの会社法と民法が詳しい
数少ない日本人


以前日本では保険代理業(事業売却済み)
外資、会計コンサルティング会社、
不動産業、学生企業(PR会社)などを経験

バリ島への移住、不動産探し、銀行口座開設
法人設立、VISAなどの相談受付中

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。