2016
08.05

名義借りしてもらう必要ってないよね。

bali, Management

バリ島でビジネスをするってなると
必ずある 名義借り(名義貸し)の話。

会社を作る際に
日本人は代表者になれないので
インドネシア人の人に代表者になってもらう必要がある。

インドネシア人が50%以上、株式を持たないと会社は作れない

という説明を受ける。

 

さらに実際にNOTARISという
日本でいう公証人役場と法務局が一緒になったような
ところでもそのような説明であったりする。

 

だから日本の企業がバリ島に進出する際に
日本側が100%資金をだしているのに
社長はインドネシア人、
株も50%を出資をしていない社長になっている
インドネシア人がなっていることが多い。

しかし、実際は違う。
業種や資本金の額など条件が付くが
日本人100%で株主、社長も日本人でできる。

会社設立の詳細は長くなるのでこちらではなく
別の機会にするが。。。

 

名義借りのデメリットとして

原則的には、実態と違うので
違法あり、名義借りをしてもらっていることは
行政のどこに話しても、当然通じない。

サインはインドネシア人社長になるので
サインをお願いして書いてもらうということになる。

銀行口座や公的手続きなど何をするにしてもすべて
代表者であるインドネシア人を
通さないと手続きできないので
そのうち、立場が変わってくることが本当に多い。

就労ビザがとりづらい。
また通常5年たつと就労ビザの期限が5年のものにできるが、
名義借りの場合、本当に出資した日本人は
ただの従業員扱いになるのでいつまでたっても
5年ものに切り替えることができない。

そのインドネシア人の機嫌を損ねると
ビザも取れなくなる。

いつまでも
乗っ取りのリスクが付きまとう。

名義借りの メリット
資金がすこし安く済む。

 

先日も、以前、名義借りで会社を作った人が
名義借りしないで会社を作りたいという話があった。

結局2社目初めから名義を借りない方が安く済むんですよね。

つまり、名義借りする必要はまったくないんですよね。

他にもいろいろあるけどまた別の機会に。










Instagram      https://www.instagram.com/toshiosaka/
Blog            https://toshiosaka.com/
FaceBook      https://www.facebook.com/toshiosakacom/
Twitter         https://twitter.com/toshiosaka


 


クリックされると モチベーションが上がります!

アジアランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村






おすすめ書籍はこちら















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
著者プロフィール
大坂寿徳(toshinori osaka)

バリ島在住6年目の海外起業家
観光やビジネシス情報
今思うことを自由に発信
海外で起業したい人の参考になれば
現在バリ島にて不動産およびコンサルティング業
を経営

日本とインドネシアの会社法と民法が詳しい
数少ない日本人


以前日本では保険代理業(事業売却済み)
外資、会計コンサルティング会社、
不動産業、学生企業(PR会社)などを経験

バリ島への移住、不動産探し、銀行口座開設
法人設立、VISAなどの相談受付中
コメントは利用できません