2016
09.11

ブランド力は通用しない!4

bali

ブランド力がある企業が陥るよくあるミスで

情報収集力が低いことである。

どういうことかというと
大臣と親戚。仲がいい。

などという言葉に弱いからである。

つまりそこを信用しきってしまい
独自のルートで情報を入手するのを辞めてしまうことである。

 

その代表例の1つに ローソンがある。

インドネシアでは
コンビニの出店(400㎡以下の小売店)が厳しい。

正直実情はわからないが
どこからかの情報を信じて
大量に出店
バリ島のデンパサールだけでも10店舗以上
あったらしい。

しかし、ここからが問題。

出店はできるがライセンスが無いから
無許可で営業してしまっていたのである。

 

ローソンは大企業だから
下調べはしっかりしていたつもりであろうが
バリ島でコンビニの許可が下りづらいという事実を
良く理解しないまま出店したのであろう。
誰かに言われるがままに。

そして10店舗前後の頃に
役所から指摘が入り閉店。

 

これとほぼ同じことをセブンイレブンもやってしまっている。

 

ブランド力は通用しない。

ブランド力を前面に出してしまい
謙虚な態度をとらないと
大きな損害になることは良くあることである。

 

ちゃんと調べればわかることなのだが。
大手の人は肩書で仕事をしてしまうから
同じミスを繰り返してしまうんだと思う。

 

 










Instagram      https://www.instagram.com/toshiosaka/
Blog            https://toshiosaka.com/
FaceBook      https://www.facebook.com/toshiosakacom/
Twitter         https://twitter.com/toshiosaka


 


クリックされると モチベーションが上がります!

アジアランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村






おすすめ書籍はこちら















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
著者プロフィール
大坂寿徳(toshinori osaka)

バリ島在住6年目の海外起業家
観光やビジネシス情報
今思うことを自由に発信
海外で起業したい人の参考になれば
現在バリ島にて不動産およびコンサルティング業
を経営

日本とインドネシアの会社法と民法が詳しい
数少ない日本人


以前日本では保険代理業(事業売却済み)
外資、会計コンサルティング会社、
不動産業、学生企業(PR会社)などを経験

バリ島への移住、不動産探し、銀行口座開設
法人設立、VISAなどの相談受付中
コメントは利用できません