2019
10.14

結果を出す

bali, Diary, education, Management, 未分類

つぎの春
高校受験を控えている
長女の中間テストが返ってきた!

ここ最近信じられないような
悪い点数を連発していた
長女

どこの家もそうかもしれないが
長女、長男が
一番偉そうにしている
まるでジャイアンのように

それが許されるのは
「やることをちゃんとやっているから」

いくらダラダラしていても
結果を出しているから
許してしまっている

会社も一緒なのかもしれないが
結果を出していたら
多少のことは目をつぶってあげる
そんな光景がよくある

 

しかし、結果が出ないと
手の平を返すように
今までつもり積もった不満が
一気に爆発して
ここぞとばかり非難を浴びてしまう

だから
結果を出していても
横柄な態度を取らずに
常に謙虚でいることが重要だと思う

 

長女は謙虚ではないが
久しぶりに

親として
納得の点数を出してきた

そう「結果を出した」
のである

長女の
「私、勉強できます」キャラが
帰ってきて嬉しい

そうこれがなければ
ただの「ジャイアン」だからね


これくらいの数字なら
近年、順位をだして
くれない傾向がある
公立でも

学年の順位も予測できる

 

 

 

逆の意味で
順位が予測できる
点数に落ちた次女

どうしたの?

テストの当日
体調でも悪かったの?
っていいたくなるような
点数

 

こちらも会社の営業で例えると
もともとエースではないが

可もなく不可もなく
「普通の結果の人」

そう、会社の営業のほとんどが
このタイプではないだろうか?


そのタイプの人が
「低迷」に入っている

エースと言われる人が
不調になっても
普通の人よりは当然成績はいいが
「普通の結果の人」が
低迷すると
今度、いいところを探す方が難しくなる

もちろん
家族としては
成績は関係ないので
楽しく仲良くできる

 

次女の将来のことを考えると
下の下まで落ちた
成績を心配してしまう

 

営業も子供の成績も
テコ入れが必要だな(涙)

 

子供や従業員の結果が出ないのは
親や会社の責任だからな。。。


会社のように
結果が出てしまうような
仕組みを作らないと。。。










Instagram      https://www.instagram.com/toshiosaka/
Blog            https://toshiosaka.com/
FaceBook      https://www.facebook.com/toshiosakacom/
Twitter         https://twitter.com/toshiosaka


 


クリックされると モチベーションが上がります!

アジアランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村






おすすめ書籍はこちら















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
著者プロフィール
大坂寿徳(toshinori osaka)

バリ島在住6年目の海外起業家
観光やビジネシス情報
今思うことを自由に発信
海外で起業したい人の参考になれば
現在バリ島にて不動産およびコンサルティング業
を経営

日本とインドネシアの会社法と民法が詳しい
数少ない日本人


以前日本では保険代理業(事業売却済み)
外資、会計コンサルティング会社、
不動産業、学生企業(PR会社)などを経験

バリ島への移住、不動産探し、銀行口座開設
法人設立、VISAなどの相談受付中
コメントは利用できません