2019
08.02

英語教育受けてないのは羨ましい

bali, education

いつもお世話をしている
Kくんの状況を確認するために

バリ島のグリーンスクールに行ってきた

 

何の状況かと言うと
彼の勉強の進捗状況を確認するため

先生といわゆる
「三者面談」をしてきた

実際は
担任の先生2人と
こちら側は3人と
合計5人プラス本人で6人

 

日本のいわゆる三者面談と一緒で
話した内容は

生活態度と勉強について

 

とは言っても

勉強の話が中心かな

色々話した中で
一番びっくりしたのは

日本を含むアジアの生徒
全般に言えることだが

みんなスピーキングと
ヒヤリングはできるが
リーディングはできないという

 

えーーーー
って感じである

特に日本人って
テストなどの問題は解けるが
話せない

ってイメージだったのに


そこでイメージして欲しいのは
Kくんは現在13才

日本の学校で英語の教育を
ほぼ受けていないのだ


現在単身でバリ島に住んでいるのだが
もちろん、その前に
英会話スクールなどに通って

大なり小なり
英語の勉強はしている

 

しかし、
日本の英語教育の弊害と言われるような
ことはほぼしていない

 

 

つまり、
言葉は話せるが読み書きできない
幼児と同じなのだ

 

だから読み書きが必要な
テスト的なことは苦手だが
必要最低限の話しはできる

 

幼児はテスト問題は解けないが
話しはできる

 

そんな状態である

 

学校としては
読み書きできない彼に
もっと勉強をする必要があると言う

 

私からしたら
かなり羨ましい状況である

 

話せる方がいいじゃん

って思ってしまうが

 

日本人が日本語話せるだけでは
仕事にならないように

英語
スピーキング
ヒヤリング
リーディング
ライティング

ができて初めて普通になれる

そして学校としては
プレゼン能力を身につけさせたいのだが

現状ではそれは
かなり遠くの目標になっている

 

その状態にいる彼を
本当に羨ましいと思ってしまう
私であった

 

 

 










Instagram      https://www.instagram.com/toshiosaka/
Blog            https://toshiosaka.com/
FaceBook      https://www.facebook.com/toshiosakacom/
Twitter         https://twitter.com/toshiosaka


 


クリックされると モチベーションが上がります!

アジアランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村






おすすめ書籍はこちら















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
著者プロフィール
大坂寿徳(toshinori osaka)

バリ島在住6年目の海外起業家
観光やビジネシス情報
今思うことを自由に発信
海外で起業したい人の参考になれば
現在バリ島にて不動産およびコンサルティング業
を経営

日本とインドネシアの会社法と民法が詳しい
数少ない日本人


以前日本では保険代理業(事業売却済み)
外資、会計コンサルティング会社、
不動産業、学生企業(PR会社)などを経験

バリ島への移住、不動産探し、銀行口座開設
法人設立、VISAなどの相談受付中
コメントは利用できません