2017
08.10

祝SankeiBizさんにフォローされました!

bali, Diary

今回リツイートされたのは

インドネシア富裕層、21年に3.4万世帯に 富の集中が進行

という内容の記事にコメントがリツイートしたことがきっかけ。

19

素直に嬉しい。そして恐縮。

この際だから
少し掘り下げてみることに

インドネシアって
発展途上国や後進国って思っている人も多いですが
一部の地域では
生活水準は日本と同じまたは少し高いのかもしれない。

基本的にはジャカルタの方が強いかもしれないが
ここバリ島でも
食事代など
日本と同じように過ごそうとすると
日本並の金額になる。

観光地ってこともあるけど
一人1000円以上かかることも多い。

飲食店を考えると
客単価は日本並
働く人の最低賃金は月額2万円程度
最高税率は25%
しかも4億〜5億円程度の売上までは13.5%

つまりどういうことか
簡単にいうと
人件費は日本の10分の1
税金も3分1
売上は日本変わらない

そう考えると
ある程度の資金があってビジネスを始めると
日本より
手元に残る金額が圧倒的に多い!

ビジネスが軌道に乗っている
経営者たちはキャッシュを持っている!

だから、統計的には
人口が日本の2倍近くいるということもあるが
中間層や富裕層も2〜3倍以上いると言われている。

冷静に見ると
日本より税金の問題で約2倍の金額する
車がすごい渋滞するほどたくさん走っている

月の所得が2万円程度の人が買えるわけがない!

貧富の格差はどんどん広がっている!

そう、SankeiBizさんの記事の通り
富が集中しまくっている!










Instagram      https://www.instagram.com/toshiosaka/
Blog            https://toshiosaka.com/
FaceBook      https://www.facebook.com/toshiosakacom/
Twitter         https://twitter.com/toshiosaka


 


クリックされると モチベーションが上がります!

アジアランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村






おすすめ書籍はこちら















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
著者プロフィール
大坂寿徳(toshinori osaka)

バリ島在住6年目の海外起業家
観光やビジネシス情報
今思うことを自由に発信
海外で起業したい人の参考になれば
現在バリ島にて不動産およびコンサルティング業
を経営

日本とインドネシアの会社法と民法が詳しい
数少ない日本人


以前日本では保険代理業(事業売却済み)
外資、会計コンサルティング会社、
不動産業、学生企業(PR会社)などを経験

バリ島への移住、不動産探し、銀行口座開設
法人設立、VISAなどの相談受付中
コメントは利用できません