2017
11.27

再噴火 バリ島大丈夫か?

bali, Diary

ダウンロード

バリ島にある
アグン山と言われる大きな山が
再び噴火しました
前回は、水蒸気爆発って言われていて
火山灰はなかったようだが

今回は火山灰も少しあったようだ

私が住んでいる
バリ島の市街地である
南部では大きな影響はなく
火山灰も降ったかどうかわからないくらい。

山岳地域に住んでいる人は
再び避難した人も多く
飛行機は日本からの発着には影響はなかったようだが
オーストラリア方面の発着便は
欠航したようである。

バリ島経済の大部分が観光産業である

過剰な風評被害が及ぼす影響がかなり大きいが
私の個人的な主観としては
バリ島の観光地の多くはほとんど影響はないように思える

ちなみに火口からバリ島市街地まで70km以上離れて
避難指定地域は7.5kmまでである

追記 11月27日
朝からバリ島の空港が28日朝7時まで閉鎖されること
避難指定地域は10kmまで拡大
警戒レベルをレベル3からレベル4への引き上げ
が発表されました。
現在、雨季ということもあり
お昼過ぎに大雨になったことも伴い
市街地のデンパサールでは
私の主観としては火山灰は確認できませんでした。

友人知人に電話をし確認したところ
火口から50km程度離れているウブドなどは
朝から火山灰で自宅の床が黒くなっていたそうです。










Instagram      https://www.instagram.com/toshiosaka/
Blog            https://toshiosaka.com/
FaceBook      https://www.facebook.com/toshiosakacom/
Twitter         https://twitter.com/toshiosaka


 


クリックされると モチベーションが上がります!

アジアランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村






おすすめ書籍はこちら















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
著者プロフィール
大坂寿徳(toshinori osaka)

バリ島在住6年目の海外起業家
観光やビジネシス情報
今思うことを自由に発信
海外で起業したい人の参考になれば
現在バリ島にて不動産およびコンサルティング業
を経営

日本とインドネシアの会社法と民法が詳しい
数少ない日本人


以前日本では保険代理業(事業売却済み)
外資、会計コンサルティング会社、
不動産業、学生企業(PR会社)などを経験

バリ島への移住、不動産探し、銀行口座開設
法人設立、VISAなどの相談受付中
コメントは利用できません