2018
10.02

建築確認は必要です

bali, Management

写真はインドネシアで活躍している
佐生雪さん
ポカリスエットのCMに出てて
大人気だそうです!

日本では
先月まで放送されていた
ドラマ版 チアダンに
レギュラーメンバーとして参加していた


チア☆ダン Blu-ray BOX
土屋太鳳
TCエンタテインメント
2019-01-25


まだまだ脇役でしたが
そう言う人が
海外で活躍するのは嬉しいですね。

ところで
今日は真面目にバリ島の不動産の話

最近相談が多い案件として

建築確認のない物件の売却依頼

こちらではIMB(イーエムベー)って言われている。

基本的には
建築時に申請をして
その申請した用途や図面通りの仕様として建てられる

ただ、それがない物件が多いのも事実

間に入っている業者や一般の人が
建築主(依頼者)になくても大丈夫って言って
取っていないケースも多い。

そのあたりは
日本でも同じで
昔は建築確認がない建物も多かったと思うが
時代の流れと共にルールは厳格に適用されるようになり
これがない場合は事実上建物の価値がないと言われても
しょうがない。

ないと言うことは
その地域の基準に合わせて建てていないことでもあり
様々な申請も建物がないが故にできない。

その後に取得しようとしても
建築基準に後から合わせる必要があり
最悪は立て直しが迫られる

だから、売りづらい。
なんと言っても
違法建築なんだから。。。

モラルとして
インドネシアだから大丈夫という
インドネシア人とか日本人とか関係なく
あまり法律などに詳しくない人の
アドバイスになんの根拠もない。

既にある建物に増築して
ますます、取り返しのつかない状況に陥る人が多い。

増築しなかったら
簡単なリフォームで済んだ可能性があるのに

建築する業者の方が
仕事が欲しいだけで
その後の売却まで考えていない。

不動産は動く金額が大きいから
本当にこのあたりは注意しなければいけない。










Instagram      https://www.instagram.com/toshiosaka/
Blog            https://toshiosaka.com/
FaceBook      https://www.facebook.com/toshiosakacom/
Twitter         https://twitter.com/toshiosaka


 


クリックされると モチベーションが上がります!

アジアランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村






おすすめ書籍はこちら















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
著者プロフィール
大坂寿徳(toshinori osaka)

バリ島在住6年目の海外起業家
観光やビジネシス情報
今思うことを自由に発信
海外で起業したい人の参考になれば
現在バリ島にて不動産およびコンサルティング業
を経営

日本とインドネシアの会社法と民法が詳しい
数少ない日本人


以前日本では保険代理業(事業売却済み)
外資、会計コンサルティング会社、
不動産業、学生企業(PR会社)などを経験

バリ島への移住、不動産探し、銀行口座開設
法人設立、VISAなどの相談受付中
コメントは利用できません