2019
02.05

バリ島の人件費本当に安いのか問題

bali, Management

バリ島で
月額2〜3万円で働いてくれる人が多い

と話たが
ここの話を少し掘り下げて考えたい

 

1.バリ島は渋滞が多い

バリ島の渋滞は車だけでなく
バイクも多いため
日本より気をつけて運転する必要がある

 

2.車を購入することができるの?

月額2〜3万円の所得の人が
車を購入することができるのだろうか?

実際にバリ島で販売されている
車はほとんどが日本車
そして、
日本より販売価格は高い

例えば
日本でも年収30万円程度の人が
車を購入できるだろうか?

バイクでも
厳しいと思う

さらにいうと
中古車の相場も高い

日本では3年経つと
新車価格の5割近くで購入できるが

このバリ島では
まだ8割くらいの価値である

つまり
全然価値が落ちない

 

3.実は人件費は高い

渋滞を見ると
車やバイクを購入できる人が
こんなにいると実感することができる

統計上
日本より富裕層が2倍以上いると言われている

 

そして
現在、収入が少ない人も
アグレッシブに収入を増やしたいと思っている

中間層も日本の2倍以上いると言われているが
おそらく統計上がそうなだけで

しっかり税務申告している人も
少ないと思われるので
実際はもっともっといる

 

4.優秀な人材の確保

もし、事業をバリ島で
起こしたいと思っているのなら

2〜3万円程度の人材は
簡単な仕事しかできない
と理解されて方がいいと思う

優秀な人材を確保したいなら
日本並みの報酬を支払う必要がある










Instagram      https://www.instagram.com/toshiosaka/
Blog            https://toshiosaka.com/
FaceBook      https://www.facebook.com/toshiosakacom/
Twitter         https://twitter.com/toshiosaka


 


クリックされると モチベーションが上がります!

アジアランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村






おすすめ書籍はこちら















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
著者プロフィール
大坂寿徳(toshinori osaka)

バリ島在住6年目の海外起業家
観光やビジネシス情報
今思うことを自由に発信
海外で起業したい人の参考になれば
現在バリ島にて不動産およびコンサルティング業
を経営

日本とインドネシアの会社法と民法が詳しい
数少ない日本人


以前日本では保険代理業(事業売却済み)
外資、会計コンサルティング会社、
不動産業、学生企業(PR会社)などを経験

バリ島への移住、不動産探し、銀行口座開設
法人設立、VISAなどの相談受付中
コメントは利用できません