2019
04.08

わかりやすい物を身につける

bali, Diary, Management

朝早くマクドナルドで
ミーティングを行った

 

相手はインドネシア人
不動産ディベロッパー

 

日本だと
立派なスーツを着た人たちと
打ち合わせなんだろうけど

ここはバリ島

こちらもあちらも
比較的ラフな格好

 

そんないつもの光景だが

突然相手は
変な一言を言い出す

 

「あなたは何で腕時計をしていないんだ」

 

 

そして、時計の自慢をする彼

 

私は舐められた気分になった

 

というのも

ここバリ島の資産家層から見た

日本人は
もうお金持ちではない

時計も買えないくらい
貧乏なのかって
思われている

 

彼がしている時計は
アルマーニ

 

アルマーニの時計をしている彼と
何も時計をしていない私

 

完全にマウンティングされたのだ

 

単純に私が思ったのは
アルマーニの時計って
安いでしょ

 

彼が帰ったあと
ウチのスタッフくんは

「バリ島では
10万円の時計は高級です」

「BOSSはいい時計をしていた方がいい」って

 

何でアルマーニの時計で
マウンティングされなければいけないんだよ

 

スタッフくんの立場からは
BOSSが舐められたのは悔しかったらしい

 

私的には
バリ島で資産を失った5年前に
高級時計、高級外車、マンションを処分して
生活費に充てた

 

その時
もう、こういう高価な物は

やめようって思って

卒業した気分だったのに

 

 

わかりやすい物を身につける

これは東南アジアで起業しているからには
スタッフの為にもBOSSである私が
舐められないように
身につけなければ
いけないのかもしれない、、、

 

そして
それに本当に買おうと思おうのは
まだ数年先にだと思う

 

ごめんねスタッフくん

まだそこまで興味が持てないんだよ










Instagram      https://www.instagram.com/toshiosaka/
Blog            https://toshiosaka.com/
FaceBook      https://www.facebook.com/toshiosakacom/
Twitter         https://twitter.com/toshiosaka


 


クリックされると モチベーションが上がります!

アジアランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村






おすすめ書籍はこちら















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
著者プロフィール
大坂寿徳(toshinori osaka)

バリ島在住6年目の海外起業家
観光やビジネシス情報
今思うことを自由に発信
海外で起業したい人の参考になれば
現在バリ島にて不動産およびコンサルティング業
を経営

日本とインドネシアの会社法と民法が詳しい
数少ない日本人


以前日本では保険代理業(事業売却済み)
外資、会計コンサルティング会社、
不動産業、学生企業(PR会社)などを経験

バリ島への移住、不動産探し、銀行口座開設
法人設立、VISAなどの相談受付中
コメントは利用できません