2020
04.17

バリ島移住について

bali, Diary

 

バリ島に移住したい
って思った人はたくさんいると思う

実際にバリ島に観光で来て
社交辞令も含めて
バリ島に住みたい
バリ島で仕事したい
何度も言われた

現在の状況下で
「テレワーク」って言われる仕事の
仕方が進めば
今の仕事も捨てずにバリ島で
生活できるチャンスが出てくるのではないか?

そんなことを本気で思える時代に
突入しつつある

そこで何回かに分けて
バリ島のVISAを中心に考えた
移住パターンについて説明したいと思います

 

今回は観光VISAで移住するパターンについて
お話します
【注意】コロナウィルス発生時の状況下の
    特例措置については今回は省いてお話します

観光VISAは日本人のパスポートの場合
特に手続きなして

基本的に
30日間滞在できる

できることは
観光、普通に過ごす
特にお試し移住などは
このパターンがオススメ

もし、もう30日住みたいと思ったら
期限前に近くの国に出国して戻って
くる方法
いわゆる「ビザラン」という方法もある

これでバリ島の生活を体験してみるのが
最初は良いと思います

 

チャンネル登録よろしくお願いします

 

 

 










Instagram      https://www.instagram.com/toshiosaka/
Blog            https://toshiosaka.com/
FaceBook      https://www.facebook.com/toshiosakacom/
Twitter         https://twitter.com/toshiosaka


 


クリックされると モチベーションが上がります!

アジアランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村






おすすめ書籍はこちら















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
著者プロフィール
大坂寿徳(toshinori osaka)

バリ島在住6年目の海外起業家
観光やビジネシス情報
今思うことを自由に発信
海外で起業したい人の参考になれば
現在バリ島にて不動産およびコンサルティング業
を経営

日本とインドネシアの会社法と民法が詳しい
数少ない日本人


以前日本では保険代理業(事業売却済み)
外資、会計コンサルティング会社、
不動産業、学生企業(PR会社)などを経験

バリ島への移住、不動産探し、銀行口座開設
法人設立、VISAなどの相談受付中
コメントは利用できません