2007
12.02

トレンダーズのセミナーに潜入 広報活動による自社ブランディング

Book, Management

先日トレンダーズ㈱ が主催する

セミナーに参加!

 

内容は

①ブログを活用したプロモーション事例と

ソリューションについて

②広報活動による自社ブランディング

 

月末で超!忙しかったが参加。

理由は

単純に誘われたから  と

トレンダーズは正に

ブログと広報活動で伸びた会社ということを

以前、社長の経沢さんから聞いたことがあったから

 

経沢さんのブログは

以前、ブログがブームになる前から

始められていて最初は確か

楽天のブログだった。

 

いまでこそ

このアメバでやっているが

当時はあまり知られていなかった。

 

そのセミナー内容で

印象に残ったことは下記のとおり

 

①ブログを活用したプロモーション事例と

ソリューションについて

 

情報伝播の変化

BtoC から CtoC

→以前は高額の広告料を支払わないと

情報を発信できなかったが

今は誰でも情報発信できる。

 

消費者がコミュニティが作れる。

 

ブログは

尊敬している人

興味がある人

信頼している人

知り合いの人

をお気に入りに入れているから

情報の信憑性が高い。

 

ブログプロモーション

イベントにブロガーを呼ぶ

サンプルをブロガーに送る。

 

×やらせ   → ◎共感レポート

×商品情報 → ◎テーマ・ネタ

×受身    → ◎参画意識

×ミーハー → ◎ファン

×プッシュ → ◎プル

 

つまり「オススメ」は駄目だけど「良かったよ」はOK

 

誰に何をどのように書かせるか?

 

TVCM前にブロガーにサンプルを送って書いていてもらう。

(背景コンセプトを事前に伝える)

商品画像の貼り付け

公式サイトへのリンク

キーワード、商品名でSEO対策

 

将来的な

ブログプロモーションでの効果測定は

この商品がプロモーション後

ブログ内で

いかに良いキーワードで語られるようになったか

を測定するようになる。

(アメリカではすでにそうらしい)

 

②広報活動による自社ブランディング

 

あの雑誌掲載された○○という会社!

という感じに

メディアのブランド力が

そのまま信用力となる。

 

広報活動のゴールイメージは?

「○○といえば○○社!」という

社会的認知の確立

 

一定の知名度を確率すると

メディアへの露出が

飛躍的にUPする。

 

プレスリリースは

ネタがなくても定期的に

続けることが大切。

 

広報活動の3つの手法

1.プレスリリース配信

2.メディアキャラバン(直接営業)

3.記者会見

 

時流にのって配信。

タイミングが大切。

 

媒体選定と切り口の提案。

人物軸(社長の特徴など)

会社軸(事業、概念、社風)

 

広報活動のポイント

 

情報の整理

→会社の強み内容

時代背景にあわせた切り口

→どのように取り上げられたいか?

どうすれば取り上げられるか?

定期配信

→メリットだけでなく

背景・差別化・今後の展開

 

セミナーが終わってみたら

自分としては目新しいことは

あまりなかった感じがしたが

こうやって

セミナーや資料という形でみると

勉強したって気になれた。

 

しかし

久しぶりに広報活動に関して

まじめに考える良いきっかけになった。

 

おっ!

なんか広報活動したくなっちゃった?

 

※ちなみに一緒に行った社長は

すこし寝ていた。

やっぱり合計5時間近くかかったから

疲れるよな~。

 

 










Instagram      https://www.instagram.com/toshiosaka/
Blog            https://toshiosaka.com/
FaceBook      https://www.facebook.com/toshiosakacom/
Twitter         https://twitter.com/toshiosaka


 


クリックされると モチベーションが上がります!

アジアランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村






おすすめ書籍はこちら















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
著者プロフィール
大坂寿徳(toshinori osaka)

バリ島在住6年目の海外起業家
観光やビジネシス情報
今思うことを自由に発信
海外で起業したい人の参考になれば
現在バリ島にて不動産およびコンサルティング業
を経営

日本とインドネシアの会社法と民法が詳しい
数少ない日本人


以前日本では保険代理業(事業売却済み)
外資、会計コンサルティング会社、
不動産業、学生企業(PR会社)などを経験

バリ島への移住、不動産探し、銀行口座開設
法人設立、VISAなどの相談受付中

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。