2008
01.24

野村監督!いーこと言うね~

Management

すこし遅くなったが

年明け最初の「カンブリア宮殿」の

ゲストが

東北楽天イーグルス監督

野村克也さんだった。

新年から為になったことが

多かったので

気になった言葉を羅列することに

「結果主義の世界だ」とみんな言うけれど

結果の裏にあるものは何なんだ!

プロセスだろ!

「プロセス重視だ」そこに全精力を傾けると

どれだけ準備したかで結果は決まる。

天性や勘だけだと限界がある

安定感がない

継続できない

その場しのぎになる。

「指導する内容は人によって変えるのか」

一人ひとり能力が違う

育って来た環境も違う

一人ひとりじっと観察してから探す

話合いながら性格とか把握していくんですか?

話し合ったって意味はあまりない

ひとつひとつ

「お前こういう時どうするんだ」と

質問をぶつけて答えを聞いていくだけ

それでだいたい答えを聞くと分かりますよ。

「精神論はなぜダメなのか?」

例えば

体力、気力、知力の中で

体力とか気力が問題になるようなら

「プロ野球選手をやめろ」と言っている。

そんなもんは当たり前なんですよ

やる気がないんですよ

さよなら~

知力の分野1点に絞るのがプロの世界

体力、気力は当たり前

知力で戦うのがプロ

「リーダーほどやりがいのある仕事はない」

上に立つ仕事は難しいが

自分の成長とか進歩に繋がる

楽をしていたらダメだと思う

辛いことが多いからいいのでは

上に立つ者が頑張るほど

結果として出てくる

これが楽しい

なんとも言えない。

任せる時に

その人の見る目が大事

こいつに任せてやれるかどうか

やれないと思ったらやれる様に育てる

「リーダーの資質」

①組織はリーダーの力量以上には伸びない

②チームを強くするには補強とか

選手の指導とか言うが

一番最初にやるべきは

監督自身のレベルアップしないと強くならない。

「戦力的に劣っているチームが

強いチームに戦いを挑むには?」

組織にはまず「戦力」があり

そこには「変化」がある。

「変化を見る目」

「変化に対応する能力」があるかどうか

それとチームの「士気」ムード

これがすごく大事

組織に重要なのは

「変化」と「ムード」だ

野村監督の評価には

「無視・称賛・非難」という3段階がある

三流の人間は無視する。

二流の人間には称賛する。

一流に来させるきっかけのために

褒めたほうが良い時もある

一流の人間には非難しかしない

一流には一流なりの責任もあるし

ある程度

求められているものがある。

それが出来ているところで

いちいち褒めない。

しかし、出来なかったら

俺は非難する

だからお前らには

非難すると言っていた。

「褒めるときは本人に直接褒めたのではなく

間接的にマスコミを通じて褒めた」

褒められて悪い気は絶対しない。

ただ、あんまり褒めると図に乗る

叱ると褒めるというのは同意語

「情熱」や「愛情」がないと

ただ怒られているという

捕え方をする。

怒ってんじゃない叱ってるんだ。

お前がやらなければ

このチームどうするんだよ!

そういう叱り方をする。

叱られても説得力がある

「一流の条件」

今の時代にハングリー精神を求めてもダメ

人間が絶対に勝てないのは

「時代」と「年齢」

その時代時代に合わせる

「昔はこうだった」と言っても

反発するだけ

「それは古いですよ」で終わり

イチロー選手や松坂選手は

「ハングリー」と言うか「貪欲なだけ」

貪欲の裏にあるものは

「妥協」「満足」「限定」

こういうものが

一流の人の中で死語になっている。

一流の条件っているのは

絶対現状に満足しないという事

もっともっと思っている。

だから一流になるんですよ。

野村監督の言葉ではないが

番組として過去まとめとして

こんなことも言っていた。

「理想のリーダーのルール」

①社員に優しく

→衣食住

②社員を信じる

→放任主義、失敗を許す

③常識を捨てろ

→「価格で営業」という常識を捨てて

お客様本位、高級サービスでの差別化

差別化できないという常識を捨てろ

私、個人的に番組をみてから

「体力、気力は当たり前

知力で戦うのがプロ」

ってフレーズがとても気に入った。










Instagram      https://www.instagram.com/toshiosaka/
Blog            https://toshiosaka.com/
FaceBook      https://www.facebook.com/toshiosakacom/
Twitter         https://twitter.com/toshiosaka


 


クリックされると モチベーションが上がります!

アジアランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村






おすすめ書籍はこちら















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
著者プロフィール
大坂寿徳(toshinori osaka)

バリ島在住6年目の海外起業家
観光やビジネシス情報
今思うことを自由に発信
海外で起業したい人の参考になれば
現在バリ島にて不動産およびコンサルティング業
を経営

日本とインドネシアの会社法と民法が詳しい
数少ない日本人


以前日本では保険代理業(事業売却済み)
外資、会計コンサルティング会社、
不動産業、学生企業(PR会社)などを経験

バリ島への移住、不動産探し、銀行口座開設
法人設立、VISAなどの相談受付中
コメントは利用できません