2009
03.01

債権回収

Management

この半年間くらいで

取引先が倒産した!って

何回聞いたんだろう?

先週も

「入金が滞っていた会社が

連絡取れなくなった」って

電話をもらい

思わずその会社に行ってみた。

結果的には

事務所から夜逃げ同然で退去していて

(偶然、その事務所のオーナーさんに

会うことができ、6ヶ月間家賃滞納で

居座れたので、家賃払わなくていいから

出て行ってと言って退去させたとのこと)

法務局が近かったので

会社の謄本を挙げて

社長の個人宅を調べ

自宅へ行ったが

不在だった。

その夜

友人に何人か元消費者金融で

働いていた人がいるので

債権回収に関する

レクチャーを受けた。

その際の注意点は

①朝は7時から訪問してOK

②夕方はその消費者金融によっても

違うらしいが6時くらいが限界らしい

③債務者以外に事情を話してはいけない

④特に子どもには話したら

 立場が逆転してしまう可能性あり

不況は犯罪が増加させる。

そして、犯罪ではないが

仕事も、無理に利益を出そうとして

雑に行う会社も増えてくる。

お金を払う人も

お金をもらう人も

だまされないように

気を引き締めないといけない。

今回、個人的に一つミスを犯してしまった。

それは、

抜け殻となった事務所の写真を

撮り忘れたこと。

業者が事務所を片つけていたり

オーナーさんが少しうなだれていたり

外には、残された

換金できなそうな雑貨や家具が

あったり、

すごい光景だった。










Instagram      https://www.instagram.com/toshiosaka/
Blog            https://toshiosaka.com/
FaceBook      https://www.facebook.com/toshiosakacom/
Twitter         https://twitter.com/toshiosaka


 


クリックされると モチベーションが上がります!

アジアランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村






おすすめ書籍はこちら















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
著者プロフィール
大坂寿徳(toshinori osaka)

バリ島在住6年目の海外起業家
観光やビジネシス情報
今思うことを自由に発信
海外で起業したい人の参考になれば
現在バリ島にて不動産およびコンサルティング業
を経営

日本とインドネシアの会社法と民法が詳しい
数少ない日本人


以前日本では保険代理業(事業売却済み)
外資、会計コンサルティング会社、
不動産業、学生企業(PR会社)などを経験

バリ島への移住、不動産探し、銀行口座開設
法人設立、VISAなどの相談受付中
コメントは利用できません