2009
10.24

ヤマダ電機 池袋 日本総本店に行ってきました。

Diary

 

ヤマダ電機の

LABI1日本総本店池袋に行ってきた。

オープン前の内覧会ということもあり

一部、レストラン街や

噂のフットサルコートは見ることはできなかった。

店内はそんなに人はいなかったが

スタッフの勉強会が行われていたりした。

他にも営業の研修なのか

人がまばらにしか通ってないのに

携帯電話売場だけが異常に元気が良かった。

また、1Fの目立つ場所に

100インチのテレビが飾ってあって

500万円以上の価格が表示されていた。

今回は内覧会ということで

正式なオープン前のテストのようなものだが

ここ数年では

店舗を展開するビジネスでは欠かせない

要素となってきている。

新店舗には必ず新人がいたり

新しい機材、場所など

使い勝手がわからない状態である。

だから、必ずプレオープンや

ランスルー、内覧会などと

いかにも正式オープンではないという形で

営業してみるのだ

ポイントはオープンさせるために

頭で描いていた理論値と実態との

ギャップを修正することだ。

だから、

正式オープンの前に数日間は

その修正に時間を空けなければいけない。

時々、その時間を取らずにそのまま

通常営業にいく場合があるが

そのほとんどが、

店員の対応に不備があったりする。

「お店を開店させる」ということは

夢や希望が膨らみすぎて

細かいところに気が回らなかったりするが

プレオープンをただのイベントとして捉えず

しっかり、通常営業へのテストとして

意識しなければならない。










Instagram      https://www.instagram.com/toshiosaka/
Blog            https://toshiosaka.com/
FaceBook      https://www.facebook.com/toshiosakacom/
Twitter         https://twitter.com/toshiosaka


 


クリックされると モチベーションが上がります!

アジアランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村






おすすめ書籍はこちら















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
著者プロフィール
大坂寿徳(toshinori osaka)

バリ島在住6年目の海外起業家
観光やビジネシス情報
今思うことを自由に発信
海外で起業したい人の参考になれば
現在バリ島にて不動産およびコンサルティング業
を経営

日本とインドネシアの会社法と民法が詳しい
数少ない日本人


以前日本では保険代理業(事業売却済み)
外資、会計コンサルティング会社、
不動産業、学生企業(PR会社)などを経験

バリ島への移住、不動産探し、銀行口座開設
法人設立、VISAなどの相談受付中
コメントは利用できません