2012
05.10

まだまだ一人前じゃない!

Management

先日A社長と打ち合わせした際に
勉強になったことをまとめてみると

どの業界にも暗黙知で
みんなに認められる売上高というものが存在する。
その売上高に届かないうちは

まだまだ一人前じゃない。
アイディアに頼るものでない。
まず何がなんでもその金額に早く持っていく。
料理人に例えると
まともに包丁も使えないくせにうまい料理を作ろうと思うな!

未熟なクセに小金を稼いだやつは伸び悩む。
紹介に頼りすぎるとスキルが磨くことを怠ってしまう。
未熟なうちは飛び込みやテレアポで営業力を身に着ける。
スキルを磨く。

これだと思う業界を徹底的に攻める。

決算書は経営者の通信簿である。
年下でも売り上げがある者に敬意を払う。

東京は会おうと思うと大物に会えてしまうのが良くない。

人脈があると勘違いしてしまう。
人脈は取引があって初めて人脈といえる
お願いできなかったり、仕事がもらえない状況で
あの人と人脈があると思うな。

結果を出して初めて大物に認められる
大物の方から会いに来る。

フルコミは現職者に対して引き抜きをするつもりで
思い切って支払う。

営業のポイントは
YES、NOをはっきりさせる
NOの理由をしっかり確認する。
その他の理由も確認する。
これしかない。










Instagram      https://www.instagram.com/toshiosaka/
Blog            https://toshiosaka.com/
FaceBook      https://www.facebook.com/toshiosakacom/
Twitter         https://twitter.com/toshiosaka


 


クリックされると モチベーションが上がります!

アジアランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村






おすすめ書籍はこちら















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
著者プロフィール
大坂寿徳(toshinori osaka)

バリ島在住6年目の海外起業家
観光やビジネシス情報
今思うことを自由に発信
海外で起業したい人の参考になれば
現在バリ島にて不動産およびコンサルティング業
を経営

日本とインドネシアの会社法と民法が詳しい
数少ない日本人


以前日本では保険代理業(事業売却済み)
外資、会計コンサルティング会社、
不動産業、学生企業(PR会社)などを経験

バリ島への移住、不動産探し、銀行口座開設
法人設立、VISAなどの相談受付中
コメントは利用できません