2018
08.03

伝統文化の頂点に立つ者は神なのか?

Diary, Management

最近ハマっているドラマ
日テレの「高嶺の花」

2018-08-02-23.29.20

そー
たーかーねーのーはーなーよっ!

日本の伝統文化
華道の世界が細かく描かれていて

華道そのものの芸術性だけではなく
その映像の色彩美に吸い込まれてしまう。

実際はどうなのか正直わからない

しかし
華道の世界が
本当に上手く描かれているように思える

伝統文化の頂点に立つ
「家元」は
まさにその世界では
「神」のような存在

家元の言うことは
絶対なのか?
何でも、盲目的に従ってしまうのか?

その狭い世界で
生まれた時から運命を背負い
孤独と戦い
愚痴すら許されない

そう
宗教の教祖
と印象が重なる

さらに言うと
勢いのあるベンチャー企業の
代表者もそう言う側面も
少なからずある。

自分の知らない世界を学ぶと言うことは
勉強になる

崖っぷちに咲いている花に
決して近づいてはいけない
怪我をする

とても高いところに咲いているから
摘もうとしたらいけない花

今日の体重 79.8kg











Instagram      https://www.instagram.com/toshiosaka/
Blog            https://toshiosaka.com/
FaceBook      https://www.facebook.com/toshiosakacom/
Twitter         https://twitter.com/toshiosaka


 


クリックされると モチベーションが上がります!

アジアランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村






おすすめ書籍はこちら















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
著者プロフィール
大坂寿徳(toshinori osaka)

バリ島在住6年目の海外起業家
観光やビジネシス情報
今思うことを自由に発信
海外で起業したい人の参考になれば
現在バリ島にて不動産およびコンサルティング業
を経営

日本とインドネシアの会社法と民法が詳しい
数少ない日本人


以前日本では保険代理業(事業売却済み)
外資、会計コンサルティング会社、
不動産業、学生企業(PR会社)などを経験

バリ島への移住、不動産探し、銀行口座開設
法人設立、VISAなどの相談受付中
コメントは利用できません