2017
04.11

東芝まだ続けるの?

Diary, Management

1.東芝大赤字

決算での赤字の理由を買収した
米原子力発電子会社ウェスチングハウス
(WH、米連邦破産法11章の適用を申請)
を原因としているが本当はどうであろう

2.日本を代表するTOSHIBA

かつては日本初!世界初!の製品を世に出してきた
ここ近年では目立ったものは何もない

実際は東芝本体の怠慢な経営がじわじわ
きてしまったのではないだろうか?

3.監査法人の承認を得ず

監査を担当するPwCあらた監査法人が
結論の意見を表明しなかった。

単純に企業を買収し赤字になっただけなら
監査法人も意見表明しないということにならない。

さらに
今、報道されている
米原子力発電子会社ウェスチングハウス
が赤字のための粉飾決算なら
修正申告をすることにより
大きな問題ではあるが
まだ、監査法人がNo!にならないように思える。

4.上場廃止のトリガーがあるはず

かつて粉飾決算と言えば
ライブドア
というほど悪人扱いされた
堀江さん
しかしあのライブドアの粉飾決算に比べれば
今回のものは悪質すぎる。

単純に説明すると
ライブドアの場合
その利益は売り上げではなく
営業外利益でしょ。
という話。

つまり、利益は変わらない。

売り上げに計上することによって
時価総額を大きく見せて
株価を操作したでしょ。

という東京地検側の見解
堀江さんは最後まで争って
裁判に負けて実刑になった。

しかし、TOSHIBAは
逮捕者は出るのであろうか?
粉飾の金額も100倍以上の金額
しかも粉飾の仕方もひどい。

監査法人に圧力をかけたり
修正申告の必要がないと言っている

個人的な意見として
TOSHIBAの闇は深く
監査法人が見捨てる理由が
まだまだ
出てくるのではと思う










Instagram      https://www.instagram.com/toshiosaka/
Blog            https://toshiosaka.com/
FaceBook      https://www.facebook.com/toshiosakacom/
Twitter         https://twitter.com/toshiosaka


 


クリックされると モチベーションが上がります!

アジアランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村






おすすめ書籍はこちら















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
著者プロフィール
大坂寿徳(toshinori osaka)

バリ島在住6年目の海外起業家
観光やビジネシス情報
今思うことを自由に発信
海外で起業したい人の参考になれば
現在バリ島にて不動産およびコンサルティング業
を経営

日本とインドネシアの会社法と民法が詳しい
数少ない日本人


以前日本では保険代理業(事業売却済み)
外資、会計コンサルティング会社、
不動産業、学生企業(PR会社)などを経験

バリ島への移住、不動産探し、銀行口座開設
法人設立、VISAなどの相談受付中
コメントは利用できません