2019
06.12

簡単!和菓子の作り方

bali, Diary, Food

海外に住んでいると
和菓子が恋しくなる

数年前にネットで
流行っていた

水信玄
生信玄
Raindrop

などと呼ばれる
和菓子を作ってみた

理由は簡単で
しかも材料費が10円程度だから

ひんやりして美味しい!

作り方はこちら

 

1.粉を入れる

 

今回使用したのは
バリ島で良く見かけるゼリー用のゼラチン粉末

お好みの硬さは人によって違うが
2gくらいが
丁度良いのかも

また、アガーを使用する際は
8gくらい

一つ注意すると
多めに入れた方が
簡単に作れるが
固めになる

完成時の透明度も悪くなる

慣れてきたら
少ない量にチャレンジして
みて

白い砂糖も多めに入れると
甘くなるが
入れすぎると濁り易い
好みにもよるが3〜8gくらいかな

 

2.水を入れる

250mlの水を入れてる

大量に作りたい場合は
これに比例する方に粉も
増やす必要がある

水を入れたあとは良くかき混ぜる

 

3.煮る

煮ると言っても
たったの250mlなので
すぐに沸騰するので

沸騰したら1分30分ほど
弱火で煮込む

その後お好みの容器に入れる

たまたま日本から持ってきた
湯呑みがあったので
そちらに
小分けした

 

4.冷やす

粗熱を冷ました後
冷蔵庫に
30分くらいかな?
冷えたら固まっている

奥に見えるのは
最近ハマっているC1000
ビタミン C系のドリンク笑

 

5.完成

 

冷えて固まった状態を確認したら
ひっくり返し完成

粗熱を取らないと
上記のようにシワができてしまうので
ゆっくり冷やすことがポイントかな

今回は蜂蜜をかけて食べたが

日本の食材が手に入るなら
きな粉、黒蜜、あずきなどを
添えると美味しい

 

6.裏技

これをみて
難しいよーー

って思った人は

単純にマグカップなどに
適量の粉や砂糖を入れて
熱湯を注ぐ

少ない粉の量であれば
そのまま冷やしても良いが

念の為、レンジで1分くらい
加熱すると成功しやすくなる

そのあと、小分け用の器に移して
冷蔵庫へ

インスタントコーヒーを作る並みの
簡単さで完成する

 

7.まとめ

今回は簡単すぎるので
作ったが
和菓子は本当に難しいと思う

ましてや海外で
まともな和菓子を食べたことがないのが
事実

海外でお寿司を食べると
残念な感じがするのと

同じで
食材が調達しづらいからという点と
本物の職人さんの確保が難しい
からだ

 

今回の和菓子は
粉を寒天やアガーなどに変更したり
量を調整することで
食感が変わるので

様々なバージョンが気軽に楽しめる

ぜひぜひ
日本に住んでいる方も
試してみてください

透明ということは
ほぼ水なので
かなりのヘルシーメニュー!

お子さんのおやつや
ダイエットメニューとしても
良いと思います

 

 


 










Instagram      https://www.instagram.com/toshiosaka/
Blog            https://toshiosaka.com/
FaceBook      https://www.facebook.com/toshiosakacom/
Twitter         https://twitter.com/toshiosaka


 


クリックされると モチベーションが上がります!

アジアランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村






おすすめ書籍はこちら















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
著者プロフィール
大坂寿徳(toshinori osaka)

バリ島在住6年目の海外起業家
観光やビジネシス情報
今思うことを自由に発信
海外で起業したい人の参考になれば
現在バリ島にて不動産およびコンサルティング業
を経営

日本とインドネシアの会社法と民法が詳しい
数少ない日本人


以前日本では保険代理業(事業売却済み)
外資、会計コンサルティング会社、
不動産業、学生企業(PR会社)などを経験

バリ島への移住、不動産探し、銀行口座開設
法人設立、VISAなどの相談受付中
コメントは利用できません