2019
06.19

私が元アイドル ゆうこす の本を買った理由

bali, Book, Diary, Management

自分が元アイドルの本を
買うなんて

と思いながら
気になっていた
ゆうこすさんの

書籍

 

共感SNS
丸く尖る発信で仕事を創る
ゆうこす

 

「モテクリエーター」と
自ら名乗る彼女の本を購入した

 

その理由は

 

1.ゆうこす とは

amazonさんの説明によると
1994年、福岡県生まれ。
アイドルグループを脱退後ニート生活を送るも自己プロデュースを開始し
「モテクリエイター」という新しい肩書きを作り、株式会社KOSを起業。
現在はタレント、モデル、SNSアドバイザー、インフルエンサー、YouTuberとして活躍中。
10〜20代女性を中心に自身のInstagramやYouTubeチャンネルで
紹介するコスメ等が完売するなどその影響力は絶大。
Instagram、Twitter、LINE@、YouTubeなどのSNSのフォロワー150万人以上。
スキンケアブランド「youange」の立ち上げやアパレルブランド「#amic」の
プロデュースなど事業は多岐渡る。
書籍に『SNSで夢を叶えるニートだった私の人生を変えた発信力の育て方』など。

 

2.帯を書いている人

アイドル本や
有名なアイドルグループから
卒業した人が出す本って
エッセイとか
スタイルブックとか
グラビアとか
だと勝手に思っていた

そう元HKT の ゆうこすさん

しかし
この本の帯には

ゆうこすはただのインフルエンサーじゃない、
次世代の起業家だ!
堀江貴文

ゆうこすは「発信」より「共感」のほうが強いと
完璧に理解している!
アル株式会社 代表取締役 けんすう(古川健介)

“私らしく”生きる。ゆうこすとは、
その尊さと方法論を同時に示してくれる、
唯一無二の教科書である。
SHOWROOM株式会社 代表取締役社長 前田裕二

など有名な起業家さんたちが
帯を書いておすすめしていた

 

3.タイトル

最近、発信力を強化したいと思って
いたので
この「共感SNS」という言葉をみて
「共感」という言葉に
女性ファン作りっていう感じもして
自分らしくはないが勉強だと思い購入

 

4.amazonの商品説明

私は海外に住んでいることもあり
基本的にkindleで書籍を購入している

日本にいる時に様に
書店でパラパラと本を読むことができないので

amazonの商品紹介ベージは
比較的見ている

そこには
目次が掲載されていたが

それを見ると
もはや
元アイドルではなく

起業家の物語が
そこにはあった

それはまさに
私が好きなジャンルの本

そして
SNSと向き合った起業の仕方が
自分にはまだまだ足りない
知識や経験の一つであり
そのノウハウが惜しげも無く
掲載されている

 

5.まとめ

正直、購入するのに
少しだけ抵抗があったが

いざ読んで見ると
自分に必要な情報ばかりであった

SNSに関する内容は
勉強になり

人脈の作り方で
実践した内容は
いつも私が考えていることに近く
まさに共感であった

読む前は
本当に偏見で
若い女性が
IT系の社長との食事会で得た
人脈を自慢しているかと思ったら

全然そんなことはなく

むしろ自ら110万円以上払って
幻冬社の見城さんに会いに行った
話は必見である

 

東京では
毎晩の様に繰り返される
ギャラ飲みや
食事会に参加している
女子たちが
語る人脈とは全く別物である

 

私も含めSNSで苦戦している
おじさんたちや
真面目系女子には
必見である

 

毛嫌いせず一度読んで欲しい

まずはamazonの商品説明から

 

 

 










Instagram      https://www.instagram.com/toshiosaka/
Blog            https://toshiosaka.com/
FaceBook      https://www.facebook.com/toshiosakacom/
Twitter         https://twitter.com/toshiosaka


 


クリックされると モチベーションが上がります!

アジアランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村






おすすめ書籍はこちら















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
著者プロフィール
大坂寿徳(toshinori osaka)

バリ島在住6年目の海外起業家
観光やビジネシス情報
今思うことを自由に発信
海外で起業したい人の参考になれば
現在バリ島にて不動産およびコンサルティング業
を経営

日本とインドネシアの会社法と民法が詳しい
数少ない日本人


以前日本では保険代理業(事業売却済み)
外資、会計コンサルティング会社、
不動産業、学生企業(PR会社)などを経験

バリ島への移住、不動産探し、銀行口座開設
法人設立、VISAなどの相談受付中
コメントは利用できません