2019
07.13

バリ島は時代の変わり目?

bali, Diary, Management, Risk

最近、あることに
不正行為を頼まれた

ある程度のことは
お金で解決すると思われる
バリ島

確かにまだまだ
そう言う部分もある

しかし、
それも少なくなってきている

 

1.日本も昔そうだった

私がまだ子供だった頃の話
日本でも
交通違反の減点ポイントを
なかったことにしてもらう
ことができたって聞いていた

一般企業の秘書みたいな人が
警察署長に
デパートの商品券を
お歳暮の時期など
持って行っていた

 

2.後消しと前消し

普段
前述のようなことをしていると
いつか交通違反になった時に
お願いすることができる

 

「後消し」は
違反切符を切られたあとで
電話して消してもらう方法

「前消し」は
切符を切られる前で
警察と話ている最中に
電話して切符を切ることを
辞めてもらう方法

 

3.もうそれはない

そんな取り消せると言う
方法も普段からの付き合いも
大切にしているからこそできた
古き良き?時代の話

しかし、それも時代と共に
できない、または
やったら大問題になる時代になった

 

4.バリ島もそう

バリ島では
ここ2年くらいで
そう言うモラルが高まったような
感じである

お金さえ払えば
本来ダメなことも
できる

いやできた

それもだんだん少なくなっている

日本と同じように、、、

 

東南アジアでの
法的なルールを軽視する人も多いが
脇を締めていかないと
足元を救われる可能性がある

 

もう時代が変わっていることに
気づいて欲しい

 










Instagram      https://www.instagram.com/toshiosaka/
Blog            https://toshiosaka.com/
FaceBook      https://www.facebook.com/toshiosakacom/
Twitter         https://twitter.com/toshiosaka


 


クリックされると モチベーションが上がります!

アジアランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村






おすすめ書籍はこちら















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
著者プロフィール
大坂寿徳(toshinori osaka)

バリ島在住6年目の海外起業家
観光やビジネシス情報
今思うことを自由に発信
海外で起業したい人の参考になれば
現在バリ島にて不動産およびコンサルティング業
を経営

日本とインドネシアの会社法と民法が詳しい
数少ない日本人


以前日本では保険代理業(事業売却済み)
外資、会計コンサルティング会社、
不動産業、学生企業(PR会社)などを経験

バリ島への移住、不動産探し、銀行口座開設
法人設立、VISAなどの相談受付中
コメントは利用できません