2019
07.19

固定概念を捨てろ

bali, Diary, Management

このバリ島に住んで
いくつもの固定概念を捨ててきた

 

今までこだわっていたことは
何なんだろう

働き方はもちろん
雇用の仕方

むしろ日本の雇用の方法が
ガラパゴス化している

 

また、今まで見てきた
日本食

海外で見る
日本食

全く違うもののように感じるが
日本食なのである

環境も違うから
同じようなクオリティを求めるのも
難しいはず

寿司はなぜ
ドラゴンロールに代表される
アレンジされたものになったのだろうか?

 

そして今日
また固定概念が崩れた

 

それは
ケバブ

そう

「はいケバブ」でおなじみの
ケバブ

皆さんは
ケバブをどう
想像しているだろうか?

 

そうここがケバブ屋さん
お馴染みの回転する肉タワーもあった

 

そうそうこんな感じに乗せて行く
これを四つ折りにして
薄い紙袋に入れて
って思っていたら

こんな感じに丸めてしまう

えーーーーー

からの

焼くの?
しかもバターで焼いてた

そして

 

こう

コンビニで別の食べ物を買ったような
感じになり
スティック状で食べていく

味は日本より辛い感じがして
マヨネーズがない状況だった

 

 

どうだろうか?

あなたが思っていた通りの
ケバブだったろうか?

 

日本で見る
他の国の料理は
現地の人からみると
不思議な変化を遂げているのかもしれない

今回のケバブは
オリジナルに近いのか
かけ離れているかすら
わからない

一つ言えるのは
インドネシアの人は
このケバブを
ケバブと思っていることだ

 










Instagram      https://www.instagram.com/toshiosaka/
Blog            https://toshiosaka.com/
FaceBook      https://www.facebook.com/toshiosakacom/
Twitter         https://twitter.com/toshiosaka


 


クリックされると モチベーションが上がります!

アジアランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村






おすすめ書籍はこちら















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
著者プロフィール
大坂寿徳(toshinori osaka)

バリ島在住6年目の海外起業家
観光やビジネシス情報
今思うことを自由に発信
海外で起業したい人の参考になれば
現在バリ島にて不動産およびコンサルティング業
を経営

日本とインドネシアの会社法と民法が詳しい
数少ない日本人


以前日本では保険代理業(事業売却済み)
外資、会計コンサルティング会社、
不動産業、学生企業(PR会社)などを経験

バリ島への移住、不動産探し、銀行口座開設
法人設立、VISAなどの相談受付中
コメントは利用できません