2019
08.07

(悲報)消費税が還付されなかった

bali, Diary

シンガポールからバリ島に戻る日
忘れてはならないのは

「消費税を還付してもらうこと」

シンガポールでは
この消費税を「GST」という

 


シンガポールの免税手続き – Visit Singapore 公式サイト

 

もちろん購入時に
申し出て手続きをしてもらう
必要がある

 

しっかり手続きしたつもりが
まさかの失敗に終わるとは
思いもよらなかった

なぜ失敗したか振り返ってみた

 

1. コピーで対応した

チェックインした後の買い物で
あったため

パスポートは荷物と共にホテルに
商品購入時手続きが必要なことを
思い出し

いつも持ち歩いている
パスポートのコピーを提出

店員さんもそれを使って処理をしてくれていた
これが失敗の原因だとしたら

白黒が悪かったのか?
カラーなら良かったのか?
やっぱり現物でないとダメなのか?

 

 

2. 話せなかった

消費税の払い戻しの手続きは
空港にて行われる

シンガポールでは
機械にパスポートをかざし
手続きをする

もちろんその機械は
日本語表示も可能ですごい親切

しかし、表示されたのは
還付できるものないという
表示

私が持っている
レシートには

しっかり還付される金額が記載されている
なんならそのためのスタンプもある

人がいるカウンターにて
話をすると

お店に電話をしろと言われるが
正直、電話をして
しっかり話す自信がなかった

英語がもっとうまかったら
電話していたのかな?

 

3. 金額問題

高額なものを購入したわけでもなく
少しの金額を還付させるために
みんなを
待たせているのが

心苦しかった

そして、意外と時間は
少な目でフライト時刻まで

残り30分程度だった


4. 反省

シンガポールで物を買うなら
パスポートの現物を持ち歩こう

私はどうやらクレージーリッチでは

ないようだった










Instagram      https://www.instagram.com/toshiosaka/
Blog            https://toshiosaka.com/
FaceBook      https://www.facebook.com/toshiosakacom/
Twitter         https://twitter.com/toshiosaka


 


クリックされると モチベーションが上がります!

アジアランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村






おすすめ書籍はこちら















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
著者プロフィール
大坂寿徳(toshinori osaka)

バリ島在住6年目の海外起業家
観光やビジネシス情報
今思うことを自由に発信
海外で起業したい人の参考になれば
現在バリ島にて不動産およびコンサルティング業
を経営

日本とインドネシアの会社法と民法が詳しい
数少ない日本人


以前日本では保険代理業(事業売却済み)
外資、会計コンサルティング会社、
不動産業、学生企業(PR会社)などを経験

バリ島への移住、不動産探し、銀行口座開設
法人設立、VISAなどの相談受付中
コメントは利用できません