2008
06.27

漠然とした不安と戦う。

Management

先日M社長と先輩Mさんと

食事をした際に

(おっ両方イニシャルMだった)

M社長に

ブログの絵文字が

「気持ち悪い」

って言われた。

使えないクセに使っているのが

「気持ち悪い」

って感じるらしい。

そりゃそうだよな~

強引に使うのではなく

使える範囲で使うようにしようと

反省。

話の流れは忘れてしまったが

なぜか私が

「漠然とした不安があるんですよね~」

と発言したところ

M社長に

「そんなの誰だってあるよ」

って強い口調で反論されてしまった。

将来に対しても不安は

誰だってある。

将来に対しての強い確信が

ある人の方が稀である。

漠然とした不安を打ち消すには

中長期的な目標を立てて

それを早くクリアすることに専念することだと

M社長は繰り返し言っていた。

最近、「スピード」に対しての意識が

薄くなってきていたのかもしれない。

受験生並に

壁に「スピード」って貼らないと

意識し続けることは

難しいのかな?

漠然とした不安は誰にでもある。

逆に考えると

漠然とした不安しかないと

いうことは

ある意味で幸せなのかな?

それとも

鈍感という意味で少し楽観すぎるのかな?

答えは

両方だろう。

鈍感力が何かと騒がれたりもしたが

ストレスを貯めるくらいなので

あれば、

だた、不安について考えるのではなく

鈍感を意識した方が良いのかも

注意しなければいけないのは

鈍感を意識しても

行動を止めることなく動き続けないと

不安に勝つことはできない。










Instagram      https://www.instagram.com/toshiosaka/
Blog            https://toshiosaka.com/
FaceBook      https://www.facebook.com/toshiosakacom/
Twitter         https://twitter.com/toshiosaka


 


クリックされると モチベーションが上がります!

アジアランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村






おすすめ書籍はこちら















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
著者プロフィール
大坂寿徳(toshinori osaka)

バリ島在住6年目の海外起業家
観光やビジネシス情報
今思うことを自由に発信
海外で起業したい人の参考になれば
現在バリ島にて不動産およびコンサルティング業
を経営

日本とインドネシアの会社法と民法が詳しい
数少ない日本人


以前日本では保険代理業(事業売却済み)
外資、会計コンサルティング会社、
不動産業、学生企業(PR会社)などを経験

バリ島への移住、不動産探し、銀行口座開設
法人設立、VISAなどの相談受付中
コメントは利用できません