2019
07.01

バリ島で披露宴に行ってきた

bali, Diary

先日、
いつもお世話になっている方の
娘さんがご結婚されたと言うことで
ご招待頂き披露宴に参加しました

 

1.会場の様子

数年前にバリヒンドゥ教の披露宴に参加したことがあった

自宅の周辺道路を封鎖して
道路にテントを張り
椅子を並べ
披露宴を行っていた

今回はイスラム教の結婚式であった

こちらはとても
近代的で日本の結婚式に比べても
立派な会場でとても品があった

 

 

 

こちらが日本風に言うと高砂
テーブルはなく
中央のソファには新郎新婦が座り
左右に親御さんが座るスタイル

 

2.全体的な流れ

入り口で
受付の記入を行い
ポストのような箱に
ご祝儀を投函

テーブルに着席

席次表はなく
自由に座るようであったが
お気遣い頂き
私たちが席は事前に確保
されていました

他にもテーブルはなく
椅子だけの席もあったり
このあたりが日本と比べ
柔軟さを感じた

多少時間が過ぎ
会場の席がほぼ埋まった頃に
披露宴はスタート

会場中央を
まずは両親御さんが入場
その後
新郎新婦が入場

その後
来賓の方のスピーチ
日本と同じで偉い人の話はとても長い(笑)

そして、お祈り

ケーキ入刀や
ファーストバイト
などもあったり
生演奏もあった

 

食事の時間となり

コースではなく
ブッフェスタイル

もちろんインドネシア料理

日本でも
コースではなく
ブッフェが良いと思った

食事の時間と共に
参列者がグループ毎に
記念撮影

そして、写真を撮ってしばらくすると
流れ解散のような感じであった

 

3.感想

日本とはスタイルは違うが
とても現代的で立派な式だった

今回の披露宴は
バリ島の中でも
かなり立派なハイクラスであったと思う

そして
こちらも幸せな気分を分けてもらえる
素敵な式でした

 

 

 

 

 

今回はプライバシーの問題もあると
思ったので
新郎新婦の写真は控えさせて頂きました










Instagram      https://www.instagram.com/toshiosaka/
Blog            https://toshiosaka.com/
FaceBook      https://www.facebook.com/toshiosakacom/
Twitter         https://twitter.com/toshiosaka


 


クリックされると モチベーションが上がります!

アジアランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村






おすすめ書籍はこちら















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
著者プロフィール
大坂寿徳(toshinori osaka)

バリ島在住6年目の海外起業家
観光やビジネシス情報
今思うことを自由に発信
海外で起業したい人の参考になれば
現在バリ島にて不動産およびコンサルティング業
を経営

日本とインドネシアの会社法と民法が詳しい
数少ない日本人


以前日本では保険代理業(事業売却済み)
外資、会計コンサルティング会社、
不動産業、学生企業(PR会社)などを経験

バリ島への移住、不動産探し、銀行口座開設
法人設立、VISAなどの相談受付中
コメントは利用できません