2006
07.24

IR

Management

先日何人かのIR担当者と話をした。
(IRとは、投資家向けの広報)

結構、楽しみにしていたが
どこの担当者も
利益が~円出ている とか
株価が~円で一単元だと~円 とか
何年連続~だとか

目先の金額の話しかしないので
かなり残念だった。

中には特別損失を計上したから
営業利益が悪く・・・って

意味不明のコメントをする人までいた。

では
そもそもIRってなんだろうと考えたとき
どんなことを考えるだろうか。

確かに
数字的なデータというのは重要事項であるが
実際は資料を見れれば十分である。

個人投資家向けIR活動実施の目的は
日本IR協議会の調べだと
1位、「長期保有してくれる株主の確保」とある

つまり、
過去の成績でしかない財務諸表などの数字が
メインではなく、
「企業がこれからどんなビィジョンで経営していくか」を
伝えるべきだと思う。

投資家=株主は
資金を投資するわけだから
その方に対して
「今いくら儲かっているから投資してくれ」
というのは
あまりにも短絡的な話に思える。

それより
いま、こういう考え方で社員全員~ とか
○○という新規事業に~~とか
CRS(企業の社会的責任)について
~~と考えている

など、企業や経営者の考え方がわかる
IRが必要であり望まれていると思う。










Instagram      https://www.instagram.com/toshiosaka/
Blog            https://toshiosaka.com/
FaceBook      https://www.facebook.com/toshiosakacom/
Twitter         https://twitter.com/toshiosaka


 


クリックされると モチベーションが上がります!

アジアランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村






おすすめ書籍はこちら















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
著者プロフィール
大坂寿徳(toshinori osaka)

バリ島在住6年目の海外起業家
観光やビジネシス情報
今思うことを自由に発信
海外で起業したい人の参考になれば
現在バリ島にて不動産およびコンサルティング業
を経営

日本とインドネシアの会社法と民法が詳しい
数少ない日本人


以前日本では保険代理業(事業売却済み)
外資、会計コンサルティング会社、
不動産業、学生企業(PR会社)などを経験

バリ島への移住、不動産探し、銀行口座開設
法人設立、VISAなどの相談受付中

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。