2007
09.25

ドリーマー理論②

Management

説明しよう!

 

ドリーマー理論とは

 

相手に対して自分の夢を熱く語ることにより

目的を達成させる手法である。

 

前回の続きで

②組織の管理手法として

について説明することに

 

このブログでも

何度か伝えているが

創業時や中小企業において

社長より優秀な人材を確保することは

かなり難しい。

 

人は一般的にどんな会社で働きたいか?

と考えたときに

大きく2つに分けることができる

 

「報酬が高い会社」

「環境が良い会社」

 

創業時や中小企業では

「報酬が高い」は難しいので

「環境が良い会社」

となる。

 

「環境が良い会社」とは

と考えるとき

 

きれいなオフィス

おしゃれな家具

良い立地

人間関係

働きがい

 

などなどあるが

最終的には

「社長の人柄に惚れて」

「上司の人柄に惚れて」

ということを考えるのが

 

ドリーマー理論である。

 

社長として

将来のビジョンを

明確に従業員に伝える。

 

ポイントは、

従業員個人の夢をも

叶えることができるかもしれない

と感じてもらうことが

できるかどうかである。

 

また、社長自身の

夢に向かって進み続ける姿勢なども

「人柄」を重視してくれる人を

ひきつけることができる。

 

本当の社長の仕事は

従業員に対して

将来のビジョンを

マメに伝えることで

安心感や充実感を与えること

なのかもしれない。










Instagram      https://www.instagram.com/toshiosaka/
Blog            https://toshiosaka.com/
FaceBook      https://www.facebook.com/toshiosakacom/
Twitter         https://twitter.com/toshiosaka


 


クリックされると モチベーションが上がります!

アジアランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村






おすすめ書籍はこちら















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
著者プロフィール
大坂寿徳(toshinori osaka)

バリ島在住6年目の海外起業家
観光やビジネシス情報
今思うことを自由に発信
海外で起業したい人の参考になれば
現在バリ島にて不動産およびコンサルティング業
を経営

日本とインドネシアの会社法と民法が詳しい
数少ない日本人


以前日本では保険代理業(事業売却済み)
外資、会計コンサルティング会社、
不動産業、学生企業(PR会社)などを経験

バリ島への移住、不動産探し、銀行口座開設
法人設立、VISAなどの相談受付中

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。