2007
12.06

日本一の営業マン

Management

某外資系損害保険会社にて

何度も日本一になっている方と

食事してきた。

 

本人は名前が出るのを嫌がっていたので

以下「Aさん」ということで。

(Aさんこんな感じでいいスか?)

 

なんだかよく分からないが

このブログに書いている内容が

気になったらしく会うことに。

 

私としては

そんなこと言ってもらえて

とても光栄な事ので

いつもより多めに話してしまった。

 

また、その謙虚な姿勢に

私もさらに謙虚にならざる得ない

感じであった。

 

そんな中、

Aさんから

私に対してかなりの駄目出しをされた。

 

メインは

安定した業績を上げることについてだった。

 

安定した業績を上げる為には

地味なことを続けれるか?

に尽きるとのこと。

 

ドーンと売り上げを上げても

翌月、

または翌々月

いまいちなら何の意味もない。

 

だから、営業のリズムをつくり

安定した業績を続けれるようにすることを

意識しなければならないとのこと

 

このことが、

いかに重要なことか

普通の人は意識することは難しい。

 

話を聞いていると

まるで上場直前で足踏みしている

企業の悩みのようなことを

Aさんは言っていた。

 

やはり凄いね。

 

売り上げが何十億もあっても

業績が安定しないと

上場の審査はクリアできない。

 

実際、中小企業場合、

なんだかんだいっても

一年間の売り上げが

目標に達成していれば

問題がないと思いがちである、

 

しかし、継続して売り上げが安定していない。

または安定させることができない

ということは

売り上げが落ちるリスクも多いといえる。

 

他の人からこの話を聞くと

たわいのない話や

よくある話

理想論?

だったのかもしれないが

 

Aさんから聞いたことで

かなり身が引き締まった。










Instagram      https://www.instagram.com/toshiosaka/
Blog            https://toshiosaka.com/
FaceBook      https://www.facebook.com/toshiosakacom/
Twitter         https://twitter.com/toshiosaka


 


クリックされると モチベーションが上がります!

アジアランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村






おすすめ書籍はこちら















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
著者プロフィール
大坂寿徳(toshinori osaka)

バリ島在住6年目の海外起業家
観光やビジネシス情報
今思うことを自由に発信
海外で起業したい人の参考になれば
現在バリ島にて不動産およびコンサルティング業
を経営

日本とインドネシアの会社法と民法が詳しい
数少ない日本人


以前日本では保険代理業(事業売却済み)
外資、会計コンサルティング会社、
不動産業、学生企業(PR会社)などを経験

バリ島への移住、不動産探し、銀行口座開設
法人設立、VISAなどの相談受付中

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。