2008
10.01

役員登用基準

Book, Management

日経アソシエで

サイバーエージェントの藤田晋社長は

「ダメな上司の部下になるというのは

ジャングルで迷子になることと同じだ」

というような記事があった。

そこでは

部下としての対処法が載っていた。

(褒めまくる的な内容であった)

もう一方で

「上司は人格者でなければならない」

とも言っている。

社員を引き上げ

役職に就ける際には

藤田氏も書いていたが

実績よりも

人格を重視しなければいけない。

実績を重視した人選をすると

チームワークがバラバラに

なる恐れがある。

なぜなら

結果を出し続けれる営業マンは

偏った考え方をする人が多い

また、実績が

その人に自身を与え

ちやほやされ、より偏ってしまうこともある。

さらに

結果を出し続けれる営業マンは

自分に厳しいが他人にも厳しい。

その接し方が時に人を傷つけてしまうこともある。

だから

皆から信頼されている人が

実績を出したら

早い段階で引き上げ

ポストを用意しなければならない。

そして

役員登用基準として

「性格を重視する」ことを

予め社内に周知しておく。

良きリーダーのもとで働く人たちは

モチベーションも高く

大きな実績をチームとして

出せるはずである。

会社は

個人戦でなく

団体戦でだからね。

サイバーエージェント流 成長するしかけ










Instagram      https://www.instagram.com/toshiosaka/
Blog            https://toshiosaka.com/
FaceBook      https://www.facebook.com/toshiosakacom/
Twitter         https://twitter.com/toshiosaka


 


クリックされると モチベーションが上がります!

アジアランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村






おすすめ書籍はこちら















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
著者プロフィール
大坂寿徳(toshinori osaka)

バリ島在住6年目の海外起業家
観光やビジネシス情報
今思うことを自由に発信
海外で起業したい人の参考になれば
現在バリ島にて不動産およびコンサルティング業
を経営

日本とインドネシアの会社法と民法が詳しい
数少ない日本人


以前日本では保険代理業(事業売却済み)
外資、会計コンサルティング会社、
不動産業、学生企業(PR会社)などを経験

バリ島への移住、不動産探し、銀行口座開設
法人設立、VISAなどの相談受付中
コメントは利用できません