2011
09.19

キャンパス取得を考える

Management

大学のキャンパスを取得する企業が
これから増えるだろうという予想を
Facebookに書き込みに
書き込んだら意外と反響があったので
こちらにしっかり書き込むことに

■背景

なぜ、大学のキャンパスを取得することを
予想できるのか?

GoogleやFacebookに代表される
アメリカのIT企業が
大学のキャンパス並みの敷地を取得し
企業の中に社員食堂や
リフレッシュ用の体育館
など施設を運営することにより
従業員の満足度を高める傾向にある。

また、その社風や施設の充実度が
優秀な人材を獲得しやすくしている。
(他にもやり方によって数多くの相乗効果が期待できる)

日本のIT企業を中心に、いま社員食堂の開設及び無料化が進んでいる。
現在は1つのビル内にそれらを展開しているが、
企業規模が大きくなると次の手を考えることになると思う。

大学のキャンパスには
それらが揃っている。

GoogleやFacebookはまるで大学のキャンパスに見える。

■学校側は売却するのか?

大学側(小中高でも同じである)は
少子化になっていくなか次の一手を考えている。
しかし、もともとビジネスの最前線にいたものが少なく
企画力や実現力に乏しい。

また、昔と比べ、
モンスターペアレンツ、セクシャルハラスメント
アカデミックハラスメント、採点ミス
などに代表されるリスクも増え
風評被害による収益の減少や
リーマンショック時は投資の失敗も取り出され
経営状態の不安定が続くと予想される。

また、2008年の時点で
私大の5割は定員割れをしている

そのうち9法人がいつ潰れてもおかしくないと
レポートも出ており
いわゆる名門以外は現実問題として厳しい。

(公立の小中高での統廃合の問題はすでにめずらしくない)

■取得の方法

★提携プラン
ここが一番気になるのかもしれないが
一つはもしかしたら賃貸が現実的なのかもしれない。
大学の施設を事務所として借りることで
大学にも賃料としての収益が上がり
企業としてもその他の食堂や施設を共有したり
インターンの受け入れ等、相乗効果が高く
メリットは大きい。

★完全取得型
単純に潰れそうな大学や短大を
定員割れの状況や財務状態を調べ動くのも
一つであるが

都内の大学を地方へ移転案を提案するのが面白みがあると思う

大学が地方へ行くメリットとして
一つは地域活性が出来る。
田舎に大学ができると数百人単位で人口が増え
そこの町に新たな経済が生まれる。
また、外国人留学生を積極的に取り込める。
日本人もそうだが
アメリカなどの先進国に留学をする際
一部の人を除くと大体、地方に留学をする
親としても、いきなりN.Yだと心配だけど
のどかな地方の州でホームステイしながらと
考えた方が安心して送りだしてきた。
外国の方から見てもそれは同じなのではないかと思う。
また、親御さんの経済的な負担も軽くなる。

外国人が増えるプランに今、政府は助成金を出しやすい
傾向があり、大学誘致となると地方自治体からの支援も
取り付けやすい。

そして開いた都内のキャンパスやそこで働くスタッフなど
比較的安く取得できるのではないだろうか?

他にもいろいろな切り口があるが
長くなるのでここまで。

ターゲットは名門以外の大学や
学部を増やしすぎて定員割れをしている大学である。

最初にアプローチするなら
文部科学省か東京都に聞くとターゲットが絞れるかも。










Instagram      https://www.instagram.com/toshiosaka/
Blog            https://toshiosaka.com/
FaceBook      https://www.facebook.com/toshiosakacom/
Twitter         https://twitter.com/toshiosaka


 


クリックされると モチベーションが上がります!

アジアランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村






おすすめ書籍はこちら















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
著者プロフィール
大坂寿徳(toshinori osaka)

バリ島在住6年目の海外起業家
観光やビジネシス情報
今思うことを自由に発信
海外で起業したい人の参考になれば
現在バリ島にて不動産およびコンサルティング業
を経営

日本とインドネシアの会社法と民法が詳しい
数少ない日本人


以前日本では保険代理業(事業売却済み)
外資、会計コンサルティング会社、
不動産業、学生企業(PR会社)などを経験

バリ島への移住、不動産探し、銀行口座開設
法人設立、VISAなどの相談受付中
コメントは利用できません