2019
04.11

海外には大人の選択なんてないよ

bali, Management, Risk

12年ほど前に観た
某人気ドラマで
こんな台詞があった。

 

「大人の選択ね~
そんなのこの世には無いのにね~
バランスを考えて妥協するか
わがままに自分の意思を貫き通すか
それだけのことよ」

 

ビジネスにおいて
このような選択に迫られることが良くある。

 

バランスを考える時という場合のほとんどが
外部の意見を取り込むことである。
しかも、一般論(常識論)を突きつけられる。

 

しかし、
本当にそれで良いのか?

 

 

 

海外でビジネスをしていて
痛感させられることの一つとして

バランスを取るような
いわゆる
「大人の選択」は
重傷を負う可能性が出てくる

そもそも相手は
無理な要求からスタートしてきている

それが例え
常識が外れていることでも

いや
常識なんてどこにも存在しない
あるとしたら
日本人の心の中にある
フェアだと勝手に思い込んでいる
幻想にすぎない

 

フェアだと思い込んでいることは
向こうからすると
フェアではなかったりする

だからしたいことは
はっきり言わないと伝わらない

黙って相手の意見を聞いていて
後から不満に思うことが
フェアではない

 

相手はしたいことを
素直にいつでも伝えてくるから
契約書もいつでもひっくり返してくる

それでも
契約書はあった方がいいが

相手はなんとか
それが通るように
要求を伝えてくる

 

バランスを考えた一般論を
もはや太刀打ちできない

 

見栄を張らず素直に
欲しいものは欲しい
助けて欲しい時は助けて欲しい

海外では
そんなの
合理性にかけるんじゃない?
それは酷い!

ってことは日常茶飯事だ

大人の選択をしていたら
敗者になってしまうことを
理解してビジネスをしなければならない

 

わがままに自分の意思を貫き通す

それだけのことだ

 

 

 

 

 


2007年1月28日に書いたブログ「大人の選択をするな!」
を加筆修正した記事になります










Instagram      https://www.instagram.com/toshiosaka/
Blog            https://toshiosaka.com/
FaceBook      https://www.facebook.com/toshiosakacom/
Twitter         https://twitter.com/toshiosaka


 


クリックされると モチベーションが上がります!

アジアランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村






おすすめ書籍はこちら















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
著者プロフィール
大坂寿徳(toshinori osaka)

バリ島在住6年目の海外起業家
観光やビジネシス情報
今思うことを自由に発信
海外で起業したい人の参考になれば
現在バリ島にて不動産およびコンサルティング業
を経営

日本とインドネシアの会社法と民法が詳しい
数少ない日本人


以前日本では保険代理業(事業売却済み)
外資、会計コンサルティング会社、
不動産業、学生企業(PR会社)などを経験

バリ島への移住、不動産探し、銀行口座開設
法人設立、VISAなどの相談受付中
コメントは利用できません