2007
01.24

不二家の続き

Management

連日、

不二家の不祥事が放送されている。

今日も、

チョコ菓子に蛾が入っていて

工場長らが「害はない」と答えていた

というNEWSが流れた。

いったいどこまで続くのだろうという感じだ。

たまたま

先日、銀座の不二家の前を通った際にとった写真がこちら

 

今回の不二家の件で、一番気になるのは

企業の文化である。

消費期限を守らない。

虫の混入。

床に落ちた食材を使用する。

食品に関する管理がまったくなっていない。

それどころか、戦後を彷彿させるような

感覚でビジネスをしているようにも思える。

これは、不二家という長年培ってきた

信頼のブランドだからこそ

な~な~になった部分が大きい。

通常、企業がデパートやコンビニに

商品が並べれるようになるには

様々な審査や交渉を経て

納品される。

当然、工場の衛生管理もチェックされる

この時点で、虫が簡単に入れる施設かどうかは

わかってしまう。

だからこそ

メーカーにとって衛生管理は

初期段階の問題である。

それをも

ないがしろにしていたということは

今まで商品を流通させることに

まったく苦労していなかったことが

伺える。

不二家って名乗るだけで

どこにでも商品を卸すことができたのであろう。

不二家のファンは本当に多い。

この写真が本当に悲しい。










Instagram      https://www.instagram.com/toshiosaka/
Blog            https://toshiosaka.com/
FaceBook      https://www.facebook.com/toshiosakacom/
Twitter         https://twitter.com/toshiosaka


 


クリックされると モチベーションが上がります!

アジアランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村






おすすめ書籍はこちら















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
著者プロフィール
大坂寿徳(toshinori osaka)

バリ島在住6年目の海外起業家
観光やビジネシス情報
今思うことを自由に発信
海外で起業したい人の参考になれば
現在バリ島にて不動産およびコンサルティング業
を経営

日本とインドネシアの会社法と民法が詳しい
数少ない日本人


以前日本では保険代理業(事業売却済み)
外資、会計コンサルティング会社、
不動産業、学生企業(PR会社)などを経験

バリ島への移住、不動産探し、銀行口座開設
法人設立、VISAなどの相談受付中

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。